なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他ネコ紹介その2 うちこ

2009'07.08 (Wed)

うちこです。

白地に黒の、日本美人です♪
残念なことに右目が潰れていますが……。



うちで唯一の、袋に潜る猫です。


あっ袋だー

ビニールの袋で100%釣れます
可愛いのですが、猫っ毛で多毛なので、後始末が大変です。
一度こっそり手提げカバンの中に潜られ、お客様にお配りする資料が毛だらけになったことがあります


頭ぼはぼはー


目が潰れた子猫を発見したのは、陽炎がたつような真夏日でした。

放っておけば、目から腐って死ぬ。

見るに見かねて、病院に連れて行きました。

先生(S先生ではありません)は言いました。

「名前なんていうの?」
「あ、まだつけてません」
「ふーん。うし柄だから、「うし」でいいか!
「う、うしー?!」

鼻梁の細い、切れ長の美猫が うし?

とはいえ、ステキな名前を即座に考えつける頭など私にはなく、カルテには「うし」と記されました。
診察の結果、眼球摘出は避け、一生目薬と抗生物質で対処していくことになりました。

一ヶ月が過ぎた頃、その病院にうしを連れて行きました。

「あれ? この猫、「うし」っていうの?」
「? そうですよ?」
「うし柄だから? ははーっ。こういう名前つける人いたんだ~」

先生、自分がつけたことを忘れていました……。

そんな経緯もありますが、「うっちゃん」「うちぼん」「うち姫」と呼んで、可愛がられています♪
ナツコと名前対決させたいですが、最強のあだ名「ウラン」の持ち主でもあるので、結果はドローと思われます。

なぜウランか?


頭のてっぺんが、放射線マークに似てるから。


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

スポンサーサイト

今月最初の病院送りは……

2010'02.03 (Wed)

寒くなりましたね。
今日は宮城も零下5度まで下がるそうです。
猫コタツは、ますますみっちり詰まっています。
寒さに耐えかねストーブを点けると、そちらも占拠される始末。
いいんです。猫には勝てません。

突然ですが、ウチコの尻が腫れていることに、父が気付きました。
ウチコは最も毛が多く、最も下半身デブ率の高い猫です。
触ってみましたが、「良く気づいたな……」と感心する程の微々たる膨らみ。私なら、気付かなかったと思います。父、グッジョブ!

小雪の舞う中、さっそくウチコを姉と2人で、A病院に連れて行きました。
「微々たる膨らみ」と書きましたが、毛を濡らして見てみると、結構大きな腫れでした。恥ずかしい……(>_<)
針生検の結果、

「脂肪腫。雑菌も少しある」

とのこと。A先生からの主な案は3つでした。

1.薬を飲んで小さくなるか、しばらく様子を見る。
 ただ、薬で小さくなる事は滅多にない。

2.今日の針生検で採取した細胞を、高度医療施設か外国の施設に送り
 調べて貰う。
 前者は早いが精度が低く、後者は時間がかかるが精度は高い。
 どちらも費用は結構かかる。

3.もっと詳細に調べる(脂肪腫をブロックに分け複数個所から針生検)。
 費用は結構かかる。


あまり迷いませんでした。
薬で小さくなる事が滅多にないのなら、結局検査は必要です。
結果は早い方がいいけれど、精度が低ければ意味がない。

「今日の針生検を外国に送って見て貰う。
その間、薬を飲ませ、小さくなるか見る」

で、お願いしました。悪性でないといいなあ……。

ウチコは片目が潰れているのと便秘症である事を除けば健康で、ほとんど病院に行ったことがありません。
今回は近くの病院に行きましたが、カルテを書こうとして、手が止まりました。

ウチコは、初めて行った病院の先生に「うし」と名付けられました(ホルスタイン柄だから)。しかも、先生忘れてるし……。 ← 詳細はこちらをどうぞ♪
そんな、名づけた本人も忘れてしまうほど、適当につけられた名前など書きたくはありません。
普段は「うっちゃん」「ウチ」「ウチコ」と呼んでいますが、どれを書こう……。
隣の姉に意見を求めました。

「ねえ、名前なんにする?」

受付の方に、どう思われたでしょう(^^


目薬をさしまくったので(笑)

にほんブログ村 猫ブログへ
ご覧いただきまして、ありがとうございます。
宜しければ1クリックお願いいたします。


ウチコは元気です♪

2010'02.05 (Fri)

ウチコの事を心配して下さって、ありがとうございます。
本人は食欲もあり元気です。
いつもと変わらず走り回り、父に甘え、私を見ると逃げます。←お。

どちらにしても手術は必要かもしれません。
でも、あまり先の先まで考えず、ひとつひとつ対処していきたいと思います。

などと立派な事を書きましたが、そう出来ればいいなあ~という思いです(^^
実際手術となれば「うろうろ熊」になることは必至です。
検査結果を待つ今ですら、一瞬熊になっています(笑)

目薬をさされる前のウチコです。


また自分撮り、ブレブレです。

でも、私はウチコに目薬をさすのが、嫌いじゃありません。
なぜなら……。



超パー!」な足が、かなりツボです♪
眼薬は沁みないようですが、とにかく嫌らしいです。

にほんブログ村 猫ブログへ
ご覧いただきまして、ありがとうございます。
宜しければ1クリックお願いいたします。


あなめでたや♪

2010'02.18 (Thu)

お尻にポコンとコブの出来たウチコ(詳しくはこちらをご覧下さい)。

コブの検査結果が出ました。
やはり脂肪腫
でも細菌は発見されず、悪性ではないようです。

結果だけ先に電話で聞きましたが、今度病院へ行き、先生とこれからの事をご相談したいと思います。
でも多分手術はせず、経過を見る事になると思います。

ひとまず良かった♪
うろうろ熊みんなで、「あなめでたや、やれめでたや」と踊っています(^^

記念にウチコの写真を撮ろうと思いましたが、「冬子=薬」の頭があるので、逃げられまくりました。
もともとウチの猫達はカメラが苦手で、私の撮影技術がヘッポコ級というのもあるのですが。

やっと撮れたのがこんな写真……。

100218.jpg
判っとるわ!!

しかも、散らかったところに逃げ込むし(>_<)

来月は、ナツコの癌の定期検診と、ナオミナタのイボ検査を予定してます。
お金がとんでいきます。うふふ~。あはは~。


□■□ お知らせ □■□
今日は追記もありますが、宮城県名取市、または名取市に近い太白区にお住まいの方で、「飼い猫(三毛猫)が帰って来ない」「いつも来ていた三毛ちゃんが来なくて心配」という方だけお読み下さい。


にほんブログ村 猫ブログへ
ご覧いただきまして、ありがとうございます。
宜しければ1クリックお願いいたします。


more »

愛しているけど、それはムリ

2010'04.22 (Thu)

父が入院して、一番困ったのがウチコの事です。

ウチコは片目が見えないせいか怖がりで、他の猫たちとも上手く付き合えないので、父の部屋の中だけで暮らしています。
父がいないと寂しがって鳴き続けますし、一匹で置いておくのは不安です。
仕方がないので、私の布団を父の部屋に持ち込み、一緒に寝起きしています。

私はウチコに激甘なので、なんでもハイハイと言う事を聞きますが、一つだけ受け入れられない事があるのです……。




イヤです。

何かに挟まれていたり、狭い所にすっぽり収まると安心するようです。
気持ちは判りますが、こっぱずかしいし寝づらい。何より、寝がえりを打った時に首を絞めてしまいそうで怖いです。

股間枕は勘弁して貰って、尻枕、太もも枕で妥協して貰っています。
でも寝づらい事に変わりはなく、すっかり寝不足です。

にほんブログ村 猫ブログへ
ご覧いただきまして、ありがとうございます。
宜しければ1クリックお願いいたします。


父、帰る

2010'05.04 (Tue)

昨日、父が退院しました。
入院期間は、ちょうど4週間。
その間、私は父の部屋にフトンを持ち込み、ウチコと一緒に過ごしていたのですが……



ええ、もう、すっぱりと(笑)
あの熱い夜は、夢だったのでしょうか。
でも、ウチコも父も嬉しそうなので、良しとします。

伯父も1日に退院しました。
人間が一段落したので、次は猫達です。
頑張るぞー! おーっ。

にほんブログ村 猫ブログへ
ご覧いただきまして、ありがとうございます。
宜しければ1クリックお願いいたします。


仲が良いのもほどほどに

2010'06.06 (Sun)





病気の連鎖もほどほどに。

あまりの病気の続きっぷりに、暴れたくなってきました(笑)

とは言うものの、自分で不調を訴えられる父はともかく(おぃ)、ウチコには悪い事をしてしまいました。

ウチコの肛門の左側に、巨大な穴が開いていました。
先生にも、「うわ、何これ」と言われたほどの大穴です。
細胞の一部は壊死。即入院、手術です。

ウチコは元気で、特に普段と変わった様子は見えませんでした。
でも、見える方の目が涙目になっていたのが「異変の知らせ」だったと思います。
なのに私は全く気付かず、目薬をさして満足していました。バカですね。
母が見つけなければ、どうなっていたやら……。

病名はまだ判りません。
ネットで見る限り、肛門膿炎が近い気がするのですが、稀なようですし。
今日退院できるので、お迎えに行き、詳しい話を聞いてきます。
重い病気じゃなければ良いな……。

実は、ナオミも近々、手術が必要です。
ナツコの頭のイボも、おそらく肥満細胞腫……。
続く時は容赦ないですね。

でも、山を越えれば、あとは楽になるはず。
頑張れ猫達! 頑張れ私!!

でも神様、試練はほどほどに。

にほんブログ村 猫ブログへ
ご覧いただきまして、ありがとうございます。
宜しければ1クリックお願いいたします。


愛しきパラボラちゃん

2010'06.07 (Mon)





あと変だから。はたから見たら、かなり変だから。


私だけだと思いますが、カラーを付けた猫に舐められると、笑いが止まらなくなります。

自分が蓋をされた気がして可笑しいのか。
距離感が無さ過ぎて可笑しいのか。
逃げ場の無い感じが可笑しいのか。

夜毎、げらげら笑っています。


ウチコの事をご心配頂いて、ありがとうございます。
やはり肛門嚢炎でした。
ウチコはナオミよりもひどい便秘症なので、それが原因ではないかと思っています。
でも、強いストレスがかかる事でも発症するとか。
度重なる父の入院も一因……?
病院に行って、ぶっとばしてこなくては(笑)

驚いた事に、穴は、ウチコが自分で開けたそうです。
私の揃えた指先が、全部入りそうなほどの大穴を自分で……。クラクラ
自壊と呼ばれるこの行動は、ネットで調べてみたところ、それほど珍しくないようです。
膿を出して治す(つもり)なのでしょう。

この病気は、普通、食欲や元気がなくなったり、お尻を気にする行動をするようですが、ウチコは特に変わった様子がありませんでした。
定期的に体をチェックしないと……と、また反省です。

まずは、私に出来る事を頑張るしかないですね。
今夜もウチコに付き添って、時々蓋をされながら眠ろうと思います。

にほんブログ村 猫ブログへ
ご覧いただきまして、ありがとうございます。
宜しければ1クリックお願いいたします。


踊るパラボラちゃん

2010'06.09 (Wed)







下を向けばノープロブレムですが。

ウチコはとても元気です。
ただ、食べる量が少ない事が気がかりです。
食べても、6~7時間後に戻してしまうので、上のような事に。
カラーを付けているので、吐いても下に落ちないんですよね(笑)

今日の夕方、病院で診察して貰いましたが、特に問題はなさそうです。
まだ興奮しているのかもしれません。

今夜も蓋をされつつ、様子を見たいと思います。

にほんブログ村 猫ブログへ
ご覧いただきまして、ありがとうございます。
宜しければ1クリックお願いいたします。


雲を眺めて古きを落とす

2010'06.13 (Sun)

病院で点滴をして貰い、落ち着いたように見えたウチコの吐き戻しですが、すぐにまた始まりました。
同時に食欲が、がたんと落ちました。
カリカリは、ほとんど口をつけません。僅かに食べた分も、数時間後に吐き戻します。

なぜか水も飲めなくなり、水入れに顔を近づけても、そのまま固まって飲みません。
口元が水に触れると、慌てて引きます。
まるで、怖がっているようでした。
飲みたいのに飲めない。そんな風にも見えました。

試しに、ミコが残して行ったウェットフードを与えてみたところ、少しずつ、少しずつ……スープだけ飲みました。
いや、具も食べようよ(笑)

今朝からやっと、ある程度まとまった量のウェットフードを食べられるようになりました。
今のところ、吐き戻しもありません。
そして、ちっちゃなウンチをしました♪
やったー! ヽ(^o^)丿
とりあえず、一安心です。


おとさん(お父さん)、とても怖いです。早く帰って来てください。(ウチコ)

こんなに嬉しい気持ちで、ウンチを片付けたのは初めてかもしれません(笑)

でも相変わらず、水もカリカリも嫌がります。
入れ替えても変わりません。
歯も大丈夫そうなのですが……不思議です。

にほんブログ村 猫ブログへ
ご覧いただきまして、ありがとうございます。
宜しければ1クリックお願いいたします。


 | HOME |  »

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。