なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年3月3日 『これは何?』

2009'07.01 (Wed)

(※ 前回の話はこちらです)

レントゲンを撮ったところ、気になる映像が……。






私のセリフ取らないで下さい!(涙)


S先生の名誉の為に申し上げると、ベテランの先生でもめったに見ない珍しい病気でした(発生率1%程度)。可能性はいくつか考えられるけれど、断言はできない。そういう状況だったと思います。

とりあえず、可能性をひとつずつ潰していくことになりました。

血液検査(色々判るそうです)
バリウムを飲ませてヘルニア検査(内臓が横隔膜を破り胸部に移動)
クリプトコッカス検査(肺にカビが生える病気)


全て シロ でした。

ヘルニアあたりを願っていた私。
こんなに嬉しくないシロは初めて です。

おそらく腫瘍……。

さっそく癌の検査と手術をお願いしたところ、
先生の返事は 「できません」

なぜ!?

謎の部分は肺・心臓・リンパ節に近く、細胞診(体の外から針を刺し細胞を取る検査)は危険が高いそうです。手術も然りです。
高度医療設備のある病院で診てもらうのが一番ですが、私の住む地域でそこまでの設備を持つ病院はないそうです。

猫の腫瘍はまず悪性というのも理由でした。検査で悪化させたり手術で命を落とすくらいなら、無理をしない方がよいのではないか……。
S先生からは温存療法(腫瘍はそのままで免疫力を高め病気に対抗)や、癌とみなしての抗癌剤治療(ただし猫の肺癌には効果が薄い)などを提案されました。

でも、頭の中はぐるぐるでした。

ゼロに等しくても、良性腫瘍や膿腫の可能性はある。
たとえ良性でも放っておいたらマズイ気がする。
悪性でも手術すれば治るかも。
でも、手術のリスクが高すぎる。
はっきりしない状態で抗癌剤を使用して良いものか。

なにより 今なら助かるかもしれない という 希望

答えを出せない私を見て、先生が、

「じゃあ、大学病院行ってみる?」
「えっ。東北大学病院ですか?!」

東北大学病院ならタクシーで一時間程度。それなら……!

「ううん、東京」
「!?」

先生、ここは宮城です……。


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

スポンサーサイト

他ネコ紹介その1 ミコ

2009'07.02 (Thu)

ミコ です。
ネコ軍団の最年長。今年で16歳になります。



美人です!



うちの姫です!!

ただ残念なことに……



おデブさんです(涙)。

身長や骨格が大きいというのもありますが。
ナツコのパンパン固太りに対し、ミコはポニャポニャ脂肪太り

ウォーターベッドってこんな感じ でしょうか。

ナツコとミコが抱き合って寝ていました♪


「親方、がっぷり四つに組みましたね」


何か惜しいです。相撲 とかを連想してしまいます……。

写っているのは私の布団ですが、体の大きい二匹に寝られると、私の場所はありません。
私が足元で寝ています。


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

2009年3月12日 『病院探し』

2009'07.03 (Fri)



実際長いのですが……。

今回は、ナツコを受け入れてくれる病院探しのお話です。
(※ 前回の話はこちらです)

交通の便も考えると、高度医療設備のある動物病院で、私の住む地域に一番近いのは東京だそうです。

S先生は、3つの病院を挙げられました。

A病院(東京の大学病院。先生の母校)
B病院(東京の大学病院。畜産科が有名らしい)
C病院(難病を専門に扱う高度医療施設。ただし神奈川県

これらの病院は、突然行っても診て貰えません。かかりつけの先生から連絡をし、予約を入れて貰います。
でも、なにせ宮城県

「ちょっと診てもらってきまーす♪」

とはいきませんでした。
手術になったり、検査が長引いて最終の新幹線に間に合わなかったら、私(達)が泊まれるホテルを探さないといけないからです。

まず、私から各病院に電話で問い合わせをしました。3月12日のことでした。

「遠方なので、猫を連れて何度も通院するのは難しいです。先にレントゲンを送るので見て頂けないでしょうか。もし事前に色々判るようでしたら助かるのですが」

それに対する回答は、

A病院「レントゲンを見るのは可能だが、予約がいっぱいなので診察は来月以降」
B病院「まず予約が必要。レントゲンも予約日にしか見られない」
C病院「話は判ったが一般の方とは相談できない」

共通して言われたのが、「とにかく、かかりつけ医から直接電話が欲しい」
要約すればそっけない感じですが、かかりつけ医ではない私の電話に、どの病院も親切に対応して下さいました
S先生に結果をご報告し電話をかけて下さるようお願いしたところ、気持ちよく了解して下さいました。

そしてその日の夕方、S先生からお電話が

「早い方がいいって言ってたよね。C病院に仮予約入れました。3月14日、午前10時で」

あ、あさっての午前10時~?!

S先生の仰る通り、早いに越したことはありません。
でも慌てたのには理由があります。

ひとつは、A病院から「早くても来月」と聞いていたので、もう少し先と考えていたこと。
もうひとつは、私がありえないほど交通機関に疎いということです。

私はめったに電車に乗りません。
新入社員の時、東京に一人で出張に行くことになりました。
心配した先輩が、何度も私に言いました。
「冬子さん。東京についたらJR線に乗り換えるのよ?」
「判りました先輩! ありがとうございます!」
東京についた私は、乗り換える電車を探しました。

「山手線、京浜東北線……あれ、JR線がない

一時間以上探しました。ウソみたいですが本当です。

そんな私が、神奈川の病院に、朝10時まで辿りつけるのでしょうか……。


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

名前の由来

2009'07.04 (Sat)

ナツコという名前は、がつけました。

人なつっこいからナツコ

夏に来たからナツコ

良い名前だと思います。ええ、本当です(姉、見てる?)
でも、うちの家族は、猫の名前を適当に呼びます





答えは、みこの祖母猫に似ているから
老け顔のサビ猫で、若いころから「おばあちゃん」と呼ばれていました。
でも産むのは全部美猫……。

写真が一枚だけ残っていました(※ 野良猫)




どっちも可愛いんだよ~


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

2009年3月13日 『前日』

2009'07.05 (Sun)






神奈川の病院へ向かう前日は、準備で大忙しでした。

(※ 前回の話はこちらです)





新幹線の中で鳴いたらすぐ通路に出られるように、新幹線の券は通路側&入口近くを買いました。
ネットで路線図を調べ印刷。
かばんの中には、粗相があった場合のトイレットペーパー、新聞紙、ボロ布、猫用のペットシートやおむつ、大判ウェットシート。
自分用に筆記用具、資料、お財布、カード、ケータイ。
それと猫の入ったネコキャリー。これ忘れたら笑えますね。


その夜は元同僚のPさんと呑みに行くはずでしたが、次の日の朝が早いので、ランチに変更して頂きました……。







Pさんの心遣いに、涙が出るほど嬉しかったです。
腫瘍の可能性が強いと、安易に「頑張って!」とは言い辛いですよね。
お茶とお菓子という形で、励まして下さったのだと思います。実際私が倒れたらナツコも終わりなので、体が資本です。
Pさん本人も激務で体調を崩されていたのに、
「お菓子は移動中の糖分補給にするといいわよ。お茶は全て終わってからゆっくり飲むといいかも」
って……。励ましが心に沁みました……



沁みてないじゃん!!

すみません~。紅茶もお菓子も、あまりに魅惑的で(笑)
残りのお菓子は新幹線に持ち込んで、ちゃんとおやつにしました。
もうひとつのお茶は、ナツコが家に戻った日、記念に頂きました(こちらも美味しかった~)。

ありがとうございました。

にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

目覚ましナツコ

2009'07.06 (Mon)









可愛いです。
でも、人間が寝直すには遅いので、いい迷惑です
悔しいので、フラッシュONで寝顔を激写してみました。


びびびっくりした~

ごめんね。もうしません(多分)。


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

2009年3月14日 『いざ神奈川へ!』

2009'07.07 (Tue)

とうとう、神奈川県の病院で診て頂く日がやってきました。

(※ 前回の話はこちらです)

朝5時です。眠いです……。











「華奢な体になりた~い」(妖怪人間風)


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

他ネコ紹介その2 うちこ

2009'07.08 (Wed)

うちこです。

白地に黒の、日本美人です♪
残念なことに右目が潰れていますが……。



うちで唯一の、袋に潜る猫です。


あっ袋だー

ビニールの袋で100%釣れます
可愛いのですが、猫っ毛で多毛なので、後始末が大変です。
一度こっそり手提げカバンの中に潜られ、お客様にお配りする資料が毛だらけになったことがあります


頭ぼはぼはー


目が潰れた子猫を発見したのは、陽炎がたつような真夏日でした。

放っておけば、目から腐って死ぬ。

見るに見かねて、病院に連れて行きました。

先生(S先生ではありません)は言いました。

「名前なんていうの?」
「あ、まだつけてません」
「ふーん。うし柄だから、「うし」でいいか!
「う、うしー?!」

鼻梁の細い、切れ長の美猫が うし?

とはいえ、ステキな名前を即座に考えつける頭など私にはなく、カルテには「うし」と記されました。
診察の結果、眼球摘出は避け、一生目薬と抗生物質で対処していくことになりました。

一ヶ月が過ぎた頃、その病院にうしを連れて行きました。

「あれ? この猫、「うし」っていうの?」
「? そうですよ?」
「うし柄だから? ははーっ。こういう名前つける人いたんだ~」

先生、自分がつけたことを忘れていました……。

そんな経緯もありますが、「うっちゃん」「うちぼん」「うち姫」と呼んで、可愛がられています♪
ナツコと名前対決させたいですが、最強のあだ名「ウラン」の持ち主でもあるので、結果はドローと思われます。

なぜウランか?


頭のてっぺんが、放射線マークに似てるから。


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

3月14日 『神奈川上陸』

2009'07.09 (Thu)

(※ 前回の話はこちらです)

病名が判っていないので、移動は、ナツコの体への負担の軽減と、速さを優先しました。

タクシー(自宅→仙台駅)
新幹線(仙台→大宮)
JR線(大宮→渋谷)
JR線(渋谷→神奈川)
タクシー(神奈川→病院)


お金が舞っていくのが見えました。しかもまだ片道

新幹線のナツコは比較的静かでしたが、早朝ということもあり、眠る皆様に遠慮して通路に立っていました。
でも乗った新幹線は「はやて」。全席指定の意味がありません

神奈川の病院(以下K病院)は、機能的に作られていながらも、温かさを感じさせる造りとなっており、子供用の難病施設に来たように感じられました。

診察室で腫瘍科のI先生にナツコの状態を説明し、逆にこれから行う検査の説明を受けました。

レントゲン
全身麻酔
CTスキャン
血液採取
血が固まる速度を測り、問題なければ針生検


ほとんど一日がかりです。
その間、飼い主は、上階の「家族室」か外で待機です。
ナツコとは、ここで一旦、お別れです……。











たとえて言うなら、毛の抜けた亀の子だわし

検査段階なのにお恥ずかしいですが、腫瘍の見込みが強くて不安でした。


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

ネコは段ボールがお好き♪

2009'07.10 (Fri)

布団の枕もとに、丈夫な段ボールを置いてみました。
中には本が入っています。

「寝ながら本を読みたいけれど、散らかすのはイヤ」

私の安易で怠惰な性格が、良くお分かり頂けるかと思います。

でも、天罰は下りました。ナツコが箱を気に入ったのです。


「えっそこ寝るの?!」


「足はみ出してるしー無理あるしー」


「うわもう駄目だよ。箱、すっごい歪んでるよー」


「すみませんっした!」

ナツコがいなくなってから、ナツコよりも重いミコが何も知らずに乗り、箱にはまってびっくりしているのを見て笑いました。紙は折り癖つくんですよね……。段ボールは近々廃棄の予定です。


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

おっぱいの謎

2009'07.11 (Sat)

検査の一環として、触診もやりました。猫も乳癌が多いそうです。







「多くても問題ないですよ~」……って、片側で2個は多すぎませんか?!


一体、ナツコはおっぱいが何個あるのでしょうか。

大変気になりましたが、I先生は多忙でいらっしゃいます。

癌の疑いのあるナツコの難しい検査に挑まんとする先生を引き止め、おっぱいの数を尋ねる勇気 は、私にはありませんでした。

そして私には今でも、イボにしか見えません。


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

3月14日 『家族室にて(1)』

2009'07.12 (Sun)

(※ 前回の話はこちらか、こちらです)

0712_1_300.jpg





続きは明日……。


続きってなんじゃい!!

「お前は売れっ子作家か!」というツッコミが聞こえた気がしました(笑)
すみません、一度に描くには長くて。気を持たせるとかではないです。


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

3月14日 『家族室にて(2)』

2009'07.13 (Mon)

(※ 前回の話はこちらです)

ナツコの検査終了を待ち、家族室でダラダラしている私の耳に、気になる会話が聞こえてきました。
※ 話の本筋以外(犬種、サイズ、名前等)は全て変えさせて頂きました。






















静かで穏やかで、胸が痛くなる光景でした。
思ったこと、言いたいこと、たくさんあります。
(私の画力ではお伝えすることは叶いませんが)

ただひとつだけ。

人は愛する者の為なら、どんなに辛くても笑うんだな

と思いました。

ナツコの検査が終了した夕方、私が部屋を出た時も、お二人は静かに座ってらっしゃいました。


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

運転手さんありがとう1(神奈川→病院)

2009'07.14 (Tue)

重い話が続いたので、少し軽いお話を。
3月14日、病院までのタクシー内での出来事です。








私<5000円。やっぱり全然イケてない私。


本当に「お誘い」とは思いませんでしたが(当然ですね)、かなり心配して下さって、タクシーを降りる時も、
「何かあったら連絡してね!」
と名刺を頂きました。

運転手さん、ありがとうございました。ご親切、嬉しかったです。


私は時々危なっかしく見えるようで、親切な方に良く出会います。

中には、地元民だと何度ご説明しても宮城の案内を一時間以上して下さった男性や、飛行機に乗っている間ずっと手を握り、励まし続けて下さった見知らぬご婦人(私は飛行機大好きです)など、ちょっと違う気がする時もありますが、以前にも書いたとおり、「JR線」を一時間探した過去があるので、事実しっかり者ではありません。
自分はいろいろな方のご親切に助けられているなーと思っています。

運転手さんのご厚意はとても嬉しかったのですが、途中から、良い河原があることに気づいていました。

「一晩くらいなら河原でいいや」

と思っていました。


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

3月14日 『おつかれ、ナツコ』

2009'07.15 (Wed)

夕方、先生に呼ばれ診察室へ向かいました。

(※ 前回の話はこちらです)

ナツコは診察台の上に座っていました。
関係ないですが、ナツコは良く前足を交差させています。
この時も、私をクロス待ちしていました。



腫瘍です。良性・悪性は検査の結果が出ないと判りませんが、このままにしておくのは良くありません。手術しましょう」

予想していたので、先生の言葉は冷静に聞くことが出来ました。
ただ、手術の予定が詰まっており、ナツコは早くても3月19日。5日後です。
また、万全の状態で手術に臨むため、前日の昼には連れてこなければなりません

「連れて帰られて構いません。でも4日後ですし、遠方なので、ナツコちゃんの負担を考えれば、このまま入院の方が良いかもしれません。どうしますか?」

悩みました。

ナツコを第一に考えるなら、置いていくべき。
でも、地元で待つ家族に「帰れるらしい」と伝えてしまった。
ナツコも一人で寂しいのでは……。

など全ては言い訳で、私が寂しいのです

「連れて帰ります」

私の返事に、I先生は笑顔で了解して下さいました。


さて、お会計です。
私はそこそこの現金を持ってきていましたが、少し足りませんでした(笑)。
そこで思いだしたのが、カードの存在

私はそれまでカードを使ったことが一度しかありません。しかも数千円。
本格的に使い始めたら、一瞬でカード破産する性格だからです。

もしかして、カードで払えるのではないでしょうか……?





「お金っていつ引き落とされるんですか?」とか聞いてすみません>受付の方


「問題」については、ナツコの退院時に描かせて頂きます。(続いていれば……)

にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

前足クロス☆

2009'07.16 (Thu)

ナツコが2、3日前から咳をするようになり、念の為に病院に行ってきました。
幸いカゼのようですが、「癌再発?」と、ドキドキしました。
急に暑くなったり、和らいだり、人も動物も体調を崩しやすいようですね。
皆様もどうぞご自愛下さい。


ところで前回、「ナツコは良く前足を交差させる」と描きましたが、こんなカンジです。


朝。


夜。左に見えているぶっとい手足は……


ミコです。もっちもち♪


きちんと交差していないところがナツコらしいです。

前足クロス猫は多いのではと思いますが、皆様のお宅ではいかがでしょうか。


最近、猫の間で私のふとんが大人気です。
よけてくれません。畳むと拗ねられます(畳みますが)。


またデブコン(ビ)に占領されました。仕方ない。私が足元で寝……


守るって何? よろしくって何??
(「ナタ」は、今度改めてご紹介させて頂きます)

■ 一時間後 ■

……

■ 二時間後 ■

寝返りうっただけかいっ

仕方ないので、私はふとんの端(写真奥)で寝ていますが、寝返りうつと即、床です。
そのまま朝まで。体痛いです。


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

他ネコ紹介その3 ナオミ

2009'07.17 (Fri)

ナオミです。今年12歳のサビ猫です。

名前は、当時有名だったナオミ・キャンベルさんから頂いたと聞いたような……。(だよね?>姉)
ナオミ、ナオちゃん、くろこ、ナオペ……。やはり適当に呼ばれています。
窓辺に立っていたら、近所の子に「ジジ」と呼ばれていました(^^


開けてっ♪

「ナツコじゃない?」と思われた方もいらっしゃるのではないのでしょうか。
ナオミは金目で黒が多くて細めナツコは緑目で茶が多い固太りですが、写真だと判りにくいです。

あ、良い写真がありました。


視線の先にはスズメ♪ 開けれるかいっ

毛色も体型も違いますよね(笑)


うちの猫の中では、一番甘えん坊で、女の子っぽくスタイルの良い猫です。
そして、唯一の「抱っこ(させてくれる)猫」です。他の猫は抱かせてくれません(涙)
さらに、唯一の「モミモミ猫」♪
ナツコとミコも名残のような動きはしますが、完全モミモミはナオミだけです。



わ、判りにくい……


ナオミは、いつも何かを話しています。
昔は父だけに「特別な言葉」で話していました。私に対するのとは明らかに違う言葉でした。

窓辺、押入れ、狭い所、高い所が大好きで、猫らしい猫だと思います。

ナオミは野良猫が産んだ子の一匹でした。胃に性質の悪い寄生虫がつき、何も食べられず、胃液を吐き続け、死にかけていました。
小さい頃の写真が残っていました。元気そうなので、病気が治った後だと思います。


んー……

おやちゅみ


猫のご紹介も、あと一匹を残すだけとなりました。
ナツコも仙台に戻してやらないと。神奈川の星に誓っている場合じゃありませんでした(笑)。


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

3月14日 『変質者になりました』

2009'07.18 (Sat)

ナツコを連れて、一度宮城に帰ることにしました。

(※ 前回の話はこちらです)

病院→神奈川(タクシー)
神奈川→大井町(JR線)
大井町→東京(JR線)
東京→仙台(新幹線)
仙台→自宅(タクシー)


約4時間の旅が始まります。
病院を出る頃には、すでに夕闇が迫っていました……。










並みの変質者よりも変質者らしかったと思います。
捕まらなくて良かった……。

でもお奨めできません(誰もやらないと思いますが)。
首は気道や血管などのある重要な部位であると、身をもって理解しました。
途中で倒れるかと思いました。


頑張ったよ、私……


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

3月14日 『席を代わって頂きました』

2009'07.19 (Sun)

女を捨てることでJR線を何とかクリアし、東京駅につくことができました。

(※ 前回の話はこちらです)

ちょうど途中停車が少なめの新幹線が出るところで、急いで切符を買い、飛び乗り、座席を確認したところ、2列席窓側
いつもなら嬉しい場所ですが、今回はナツコがいます。
ナツコが鳴き始めたらすぐデッキへ出たいのと、通路側の方が寝てらした場合、移動の為に起きて頂くのも申し訳ないので、通路側の方が助かります。

でも、車内は結構混んでいて、座席変更は難しそうです。
思いきって、途中で乗車された男性に、席を交換して下さるようお願いしてみました






ええっ。ナツコ鳴かないの?! Σ(◎д◎;

来る時は鳴き通しだったのに……。
本当なら嬉しいことですが、これでは騙したみたいです。
以前、男性は通路側を好むと聞いたことがありましたので、余計に申し訳なくて。

気づいていないといいな~とムシの良いことを思いつつ、





しっかり気づいていらっしゃいました。

でも、やはり席を代わって頂いたのは正解かもしれません。
「これでいつでもデッキに行ける」
という安心感が、ナツコの落ち着きに繋がった気がします。
単純に疲れ果ててただけかもしれませんが……。

どちらにしても、深く感謝しております。

席を交換して下さった方、本当にありがとうございました。


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

3月14日 『おかえりナツコ!』

2009'07.20 (Mon)

やっと仙台に戻ることが出来ました。

(※ 前回の話はこちらです)

家では、両親と姉が、首を長くしてナツコの帰りを待っていました
ナツコの帰りです。私の帰りじゃありません。



(※ 「ババ」は愛称です。詳しくはこちらをご覧ください)










いや現実。

ナツコの体の負担を推しても、一度連れ帰ったのは正解だったと思います。
家にいる間、ナツコはのびのびしていました。
数日後にまた神奈川に連れて行かれること。しかも今度は手術が待っていて、その後しばらく一人で入院すること。

何にも知らず甘えてくる姿に、涙を誘われました……。


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

足をお忘れですよ!

2009'07.21 (Tue)

ナツコは起きている時は、ほとんど身繕いをしてます。
しすぎてお腹がハゲたりしました。
そして必ず、足を下ろすことを忘れます
かなり長い時間、あげっぱなしです。
足をつついても、「何するの?」という顔で見られるだけ。

でもつい毎回、「ナツコ、足!」と言ってしまうんです……。

「ナツコ、足!」


「まだ上げてるの~?」


「もう下ろそうよー」


「ふーじゃなくて」


「まだ下げんのかいっ」

「なら、いい加減に下ろしなさーい!」


連続撮影ではなく、1分間隔くらいで撮りました。

でも、言ってる自分も耳が痛いです。子供の頃、何度母から、

「言われるのが嫌なら、最初からきちんと片づけなさーい!」

と叱られたか。最近その気持ちが理解できました。


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

ベロをお忘れですよ!

2009'07.22 (Wed)

ナツコは起きている時は、ほとんど身繕いをしてます。
しすぎて背中もハゲたりしました。
そして良く、舌をしまい忘れます
かなり長い時間、出しっぱなしです。
舌をつかんでも、「はひふふの(なにするの)?」という顔で見られるだけ。

でもつい毎回、「ナツコ、舌!」と言ってしまうんです……。

「ナツコ、舌!」


「しまったら?」


「いやいや、気にするから」


「良くないと思うし。乾かない?」


「掴んでやる~。わっ」



舐められました。そしてやっと舌をしまってくれました。

これも連続撮影ではありません。

でも散らかし魔の私。ナツコばかり責められません。

「まったく! 出したら出しっぱなしなんだから!!」

母の言葉が耳に痛いです……。


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

3月18日 『真実の愛って?』

2009'07.23 (Thu)








いいえ本物。愛にはいろいろな形があってね……(以下略)


あっという間に過ぎた4日間。3月18日は、すぐにやってきました。
リアルではすでに7月ですが(笑)

3月19日、ナツコは手術を受けます。
体を万全な状態に整えるため、前日の昼頃までに、神奈川の病院に入院させる必要がありました。

目ぢからという言葉があります。
キャリーバッグに押し込む時、ナツコもいつも以上に、必死に目で訴えていました。

「連れて行かないで、連れて行かないで」

前回は検査が多く、よほど辛かったのだと思います。
でも行かなければ、死はすぐに、確実にやってきます。

愛する猫の為ならになれますね。赤鬼でも青鬼でも(^^


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

3月18日 『100年分ほど褒められました』

2009'07.24 (Fri)

(※ 前回の話はこちらです)

今回の神奈川行きは、こんな行程です。

タクシー(自宅→仙台駅)
新幹線(仙台→大宮)
JR線(大宮→渋谷)
JR線(渋谷→神奈川)
タクシー(神奈川→病院)


最初の難関は新幹線です。
前回、行きは鳴き通しだったので、途中からデッキにいました。
今回は大人しいと良いのですが……。







(※ 名前の由来はこちらをご覧ください)









さらに「ごめんなさい」と謝られちゃいました♪

こちらこそ申し訳ありません。
つい若めの格好をしてしまうのですが、若くないんです(笑)

あっという間の二時間でした。
褒められたのが嬉しかったのか、ナツコも大人しくしていました。

隣の女性の方、たくさんお誉めの言葉、励ましの言葉を頂いて、ありがとうございました。
(手まで揉んで頂いて、すっかり癒されました♪)


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

外見より中身!

2009'07.25 (Sat)

今日はとても蒸し暑い日でした。
あまりに暑くて出かけた先でかき氷を食べたのですが、その入れ物が可愛くて、捨てるに忍びなく、持ち帰ってみました。



でも何に使ったらいいのか……。
ふと、ナツコのゴハン入れにどうかと思いました。

こんな入れ物で食べれば、うちの亀の子だわしも可愛く見えるかも。

試してみました。







「外見より中身でしょ~!」

ごもっともです。

ナツコは目で語る猫。責められた上、説教までされました。
(でも外見も少しは大切では……げほげほ)


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

3月18日 『クール&ドライ!』

2009'07.26 (Sun)

(※ 前回の話はこちらです)

新幹線では大人しくしていたナツコですが、やはり移動中は大鳴きでした。
「吊るされる」という不安定な状態がダメみたいです。

新幹線のドアが開くまでの、僅かな間の出来事です。









一時期、ツンデレという言葉が流行りました。
冷たい態度と、たまに見せる優しさ。その落差がたまらないそうです。

この男性は、ツンデレどころじゃないと思います。
私の絵では判らないでしょうが、洗練された雰囲気の格好良い方でした。

背が高く、整った容姿。かつクールで有能。
でも携帯の待ち受けは


なんとなく、多くの女性を魅了している気がします(^^


大変申し訳ないのですが、見せて頂いた猫ちゃん、実は覚えていないんです。

「おおっ美猫!! これは見せたくなる~」

と思ったのは覚えています。でも、その姿はすっぽりと抜けていて……。
万が一の話ですが、もしご覧になっていたら、大切な猫ちゃんを適当に描いてしまったことをお詫びいたします(でも言ったことは本心です)。

今日気づきましたが、3月18日の記憶が全体的に薄いです。
起こった”事柄”は覚えています。でも”言葉”などは、部分的に抜けています。
自覚はありませんでしたが、ナツコを置いて帰ることや次の日の手術のことで、頭がいっぱいだったのかもしれません。

自分の記憶の空洞化に、自分が驚きました。


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

3月18日 『なつぼん、ころりん』

2009'07.27 (Mon)

(※ 前回の話はこちらです)

病気とはいえ、ナツコは5kg近くある猫です。
ずっと持っていると、手が痺れます。










ごめんナツコ。もう落とさない。

そして、ごめん家族。これ、言ってませんでした。

最近また太ってきました。今月半ばの健診では5.08kg。5kg超えです。
それでも一番重い時は6kg近くあったので、ずいぶん痩せました。


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

いくらなんでも出しすぎです!

2009'07.28 (Tue)

以前にも書いたとおり、ナツコはよく舌をしまい忘れます
昨夜も出していました。


ちょろっとな♪

見なれた光景です。
気にせず本を読んでいたのですが、ナツコの視線を感じ、顔をあげてびっくり。

「それ、出しすぎじゃない?!」 Σ(◎_◎;


待って!

ああっ

ああ~っ

おたおたしている間に、しまわれました。

ピントぶれまくりで廃棄も考えましたが、ここまでたっぷり出しているのは珍しいので載せてみました。
カメラが良くても、腕が悪ければダメですね……。


■ お知らせ ■
リンクを追加しました。
「リトルとガーとダヤン」
リトルちゃん&ダヤンちゃんは、長毛種の愛らしいふわふわさんです。
ご覧になったら、うちのごわごわさんとの差に驚かれるかもしれません(^^

ナツコは最近、夏なのに毛が生えてきました。
手触りがいつもより柔らかいです。「ソフト亀の子だわし」です。



にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。

いくらなんでも増えすぎです!

2009'07.29 (Wed)

以前にも書きましたが、今年は猫草にアブラムシがたくさんついて困っています。

でも慣れってすごいですね。
虫嫌いの私ですが、アブラムシを手で払えるようになりました。

でも。






いくらなんでも増えすぎでは?

ソッコー捨てました。

もし今、「君の願いを叶えてあげる」と言われたら、迷わず「テントウムシが欲しい」と答えてしまいそうです。
(でも、改良された羽がないテントウムシは、痛々しいのでイヤです……)


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。
お気に召しましたら、1クリックお願いいたします。


■ お知らせ ■
にほんブログ村の参加カテゴリを変えました。
もし「あれ?」と思われた方がいらっしゃいましたら、追記をご覧下さいませ。


more »

3月18日 『パンチな社長』

2009'07.30 (Thu)

(※ 前回の話はこちらです)


行きの電車は混んでいました。
移動に弱いナツコは鳴きやみません。

やむを得ず、禁断の首掛けでナツコを撫で続けました。また変質者です。
("首掛け"の記事はこちらです)







「お前社員じゃねえだろう」ってつっこまれそう・・


混んでいて、お礼もきちんと言えませんでした。

女性の方、ありがとうございました。

(社長様もすみませんでした)


でも、ひとつ気になることが……。(続きは↓です)


にほんブログ村 猫ブログへ


ご覧いただきまして、ありがとうございます。
お気に召しましたら、1クリックお願いいたします。

more »

 | HOME |  »

プロフィール

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。