なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナツコの片恋

2010'02.27 (Sat)

ナツコの名前の由来は、「夏に来た」と「懐っこい」から来ています。
(詳しくはこちらをどうぞ)

人見知りせず、誰にでもスリスリ♪
匂いだけならまだしも、鼻炎持ちの為、鼻水までつける始末です。

かかりつけ医であるS先生の事も大好きで、喉を鳴らす音で心音が聞こえないほどの甘えっぷり。
注射を打たれて涙目になりつつも、S先生にすり寄ります。
それはまさに、恋をする乙女の姿
両想いはあり得ないので、ナツコの片恋です。

そんなナツコが、喉を鳴らさない相手は2人だけ。

神奈川の高度医療施設のI先生と、近所の動物病院のA先生

I先生は判る気がします。
神奈川に置き去りにされ心細く、手術も痛かった事でしょう。
でも、A先生に「ぐるがろ」言わないのはナゼ?
先生に問題はないと思うのですが……。

膀胱炎はA先生に見て頂いていますが、診察中、ナツコはだんまりです。
いつもの甘えっぷりを知っているので、私一人、気まずいです。


1ぐる位、言おうよ……。

いい子だね
と誉められて、よけい申し訳ない気持ちに。
動物病院の先生を好きになる方が珍しい気もするので、S先生への態度が変なのかもしれません。

膀胱炎の痛みのせいか、一時食欲の減ったナツコですが、その後順調に肥え、とうとう5.25kgに。
エコー検査の時、A先生に、

「脂肪が厚くて見えない」

と笑われました。

にほんブログ村 猫ブログへ
ご覧いただきまして、ありがとうございます。
宜しければ1クリックお願いいたします。


スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。