なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偉いぞナタっち!

2010'05.14 (Fri)

5/13(木)、ナタの胸にできた、肥満細胞腫の切除手術を行いました。
13歳という年齢、しかも原因不明の脳障害を持つ猫です。

「もしかしたら全身麻酔の段階でダメかもしれない――」

少々暗い気持ちで手術を迎えたのですが……。

手術はあっさりと終わりました。
しかも手術後のナタは、ものすごーく元気でした。というより……

ものすごーーーく怒っていました!

もう鳴き声が、「にゃー」とか「ぎゃー」とか聞こえません。表すなら、

「怒!!!」

本当に数時間前に、皮膚の切除手術を受けた猫でしょうか……。

家に帰ってからも、走る走る。
興奮しているのもあるでしょうが、術後服を着ているとは思えないほどです。
傷口に当てられた厚手のガーゼも、むりやり剥ぎ取りました。
今も、なんとか服を食いちぎろうとしています。
実際、服が段々と伸びて来て、強く引っ張ると傷口が見えるようになりました。
自分で抜糸をする気でしょうか。怖…

切除部位以上に腫瘍が広がっているかの検査はこれからですが、こんなに元気なら大丈夫では……? と思います。
皆様から頂いた、応援パワーのおかげかもしれません!

皆様、本当にありがとうございました。


長袖を着た猫です↓



コタツにかけた毛布のカバーは、猫に破かれました(涙)

にほんブログ村 猫ブログへ
ご覧いただきまして、ありがとうございます。
宜しければ1クリックお願いいたします。


スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。