なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通院日和

2012'03.01 (Thu)

3月になってしまいました。
今日の仙台は、とっても暖かかったです。
なんと10度もありました!

こんな日に最適なのは、洗濯? お出かけ? ピクニック?

いえいえ、なんといっても 猫の通院 でしょう。

寒いと、風邪をひかせてしまう可能性がありますから。

という訳で、ナツコを病院へ連れて行きました。
病気ではなく(病気持ちですが)、薬がなくなったのと、雪や寒波でしばらくご無沙汰していたので、先生に顔を見て貰おうと連れていきました。
ナツコに気になるところは見られませんが、以前別の先生に、
「やはり定期的に見ておきたい」
と言われた事があり、薬だけで良いかな? と思う時でも、出来るだけ診察を受けるようにしています。

でも、ちょっと後悔しました。
ナツコの怯えっぷりがすごくって(>_<)

120301.jpg


病院の得意な猫はあまりいないと思いますが、ナツコの病院恐怖症は、年々ひどくなっている気がします。
気管支腺癌、リンパ腫、肥満細胞腫と、病気が切れる事なく、病院で痛い思いばかりしてきたので、仕方ないですよね。

こういう時は、やっぱり言葉が通じればいいなーと思います。
「今日は痛くないから大丈夫だよ」
それだけ伝えられれば、この震えを止めてあげられるのに。
でもナツコは私の事を信用していないようなので、「またまた嘘ばっかり」と相手にしてくれないかもしれません^^;

肥満細胞腫の大きさは変わりなく、体重も少々増え(4.3kg)、元気そう。
「状態は良さそうですね」
と仰って頂きました。 v(^^

帰りは少しでも早く帰してあげようと、必死に自転車をぎこぎこ。
帰ってキャリーから出した途端、姉の部屋に走って行きました。


にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
応援クリック、ありがとうございます。


スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。