なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯猫、尻尾を現わしたり~!

2010'02.15 (Mon)

先月、2階のトイレから私の部屋の中まで血の痕が続くという、不気味な事がありました(詳しくはこちらをどうぞ)。

血の痕は少量で深紅。流れたり滲んだりせず、キレイな丸型でした。
次の夜にも同じ事が起こりましたが、その後はいくら見張っても再現しませんでした。

ところが昨夜、姉の部屋で変な行動をとる猫が一匹……。

壁付近を引っ掻いたかと思うとトイレに行き、また姉の部屋に戻りウロウロ。
不審に思った姉が灯りをつけてみると、ふとんの上や廊下が濡れています。
良く見ると、血でした。
前回のような鮮血ではなく、尿と血が混ざったような状態です。

おしっこ詰まり猫、発生です!

排尿が上手くできず(おそらく痛みもあり)、おしっこを漏らしながら、困ってうろうろ歩いていたのでしょう。
想像すると泣けてしまいます。

その猫は……








ナツコ でした。



ま た お ま え か w


病院で見て頂いたところ、「おそらく膀胱炎」との診断。結石はないようです。
10日間投薬で様子を見る事になりました。
注射を3本も打たれたナツコは、猫コタツの中でふてくされています(笑)

でも、血の痕はずっと気になっていたので、判ってホッとしました。
病気をしないのが一番ですが、無理なら早期発見・治療したいです。
前回の血の痕の主が、100%ナツコとは限らないので、まだ少し不安ですが……(^^;


ところで私の部屋にも、血尿の痕が、かなりありました。
寝ていた頭の真横にも。危ない危ない……。
そしてなぜか、こんなものまで……。


なぜ?!

排尿痛で、うっかり漏らしてしまったのでしょうか。
でも、トイレから一番遠い私の部屋まで我慢する事はないと思うのですが。
しかもたっぷり。
日頃の恨みでしょうか……。


恨みと言えば!

薬を猫に飲ませる役は大抵姉ですが、今回は私1人でやる事になりました。

なぜなら、今回貰った薬はものすごく苦いらしいのです(笑)
私と姉の2人で薬をあげたら、ナツコの逃げ場所がなくなります。
今回は姉が慰め役、私が悪役です♪ ふふふ……。でも、

「泡吹いたり、涎が止まらなかったら、言って下さい」

って、どれだけ苦いのでしょう?
明日、ちょびっと舐めて、ご報告します♪

にほんブログ村 猫ブログへ
ご覧いただきまして、ありがとうございます。
宜しければ1クリックお願いいたします。


コメント

舐めるんですか!

冬子さん、自ら実験ですか!
・・・
泡を吹いたら、ご報告くださいw

謎の血痕事件、推定ではありますが解決ですね。
ベヨにいと意見が一致した
「鼻血をたらしながら寝ぼける女」

「全てを忘れさった女」
ではなかったわけですね。

またまたなっちゃんだったのが可哀そうだけど、
はっきりわかれば治療もできるし、
「まあ、よしとしよう。」

なっちゃん、早く良くなりますように。
なむなむ。

う~ん…

そんなに痛いんでしょうか…
どんだけ痛いか分かってあげられないのが辛いですね(*ノ_;*)

お腹の脂肪が多い子(ゴメンナサイ^^;)は、
一度脂肪が冷えてしまうとなかなか温まらないので、
膀胱炎になりやすいそうです。
冬場や季節の変わり目はコワイですよね…

てか、うんちまでしてあったのは謎ですねぇ。
出るものはとにかく出してしまいたかったのでしょうか?

1日も早く良くなりますように☆

う~ん、やっぱり冷えなのでしょうか。

けれど、原因がわかれば治療ができるもんネ!
はやくよくなりますように……。


ぬこにも、オブラートがあればよいのに。

なっちゃんだったんですか。確かに病気は嫌だけれども、
血を出していた猫ちゃんがわかってよかったですね。

投薬ですが、どうせごっくんと飲ませるならば、カプセルに入れるとオブラートの代わりになると思います^^
ねねも大量のサプリ&苦いステロイドを
オールカプセルインで飲ませてますよ^^

大手の薬局に空のカプセルは大抵売っているらしいですし
ネットからも買えます^^
ケンコーコムのページです
http://www.kenko.com/product/seibun/sei_751124.html

000-5号までの大きさがあるのですが
一応サイズの目安がわかるサイトもついでに
http://www.waldeninc.net/help0804.html

なっちゃんが苦しい思いでクスリを飲まずにすみ
冬子さんが嫌われませんように(うんち復讐を受けませんように)祈ってますよ
早く良くなってね、なっちゃん

舐めます♪>ぴい様

舐めたいのですが、今の動物用錠剤は割れ目が入っているのですね。
今までは、動物にそんなに親切ではなかったので、体重に合わせて人間が薬を割っていました。
その為、たくさん欠片が出たのですが、割れ目からきれいに割れて欠片も粉も出ません。うう……。
最後まで出なかったら、ちょっと齧ってでも味見してやります。
多分、漢方薬みたいな味ではないかと思うのです。

> またまたなっちゃんだったのが可哀そうだけど、
> はっきりわかれば治療もできるし、
> 「まあ、よしとしよう。」

はい、本当にそう思います(^^
腎臓系は猫に多い病気ですし、手遅れになる前に見つかって安心しました。

ありがとうございます>ぴろ様

痛みはあると思うのですが、痛そうなそぶりを見せません。
「ぎゃ!」とか鳴いてくれれば見つけやすかったのですが……。
ウンチも、痛くて漏らしてしまったのかもしれません。
そうまでなっても、病院に行きたくなくて、平気そうな顔をしていたのでしょうか。
笑いつつも、可哀そうな気がします。

でも犯猫が判って安心しました(*^_^*)
ナツコは8割が脂肪で出来ているような猫なので(笑)、膀胱炎は気をつけないといけませんね。
季節の変わり目は、「膀胱炎が判る猫砂」を購入しようかと考えています。

ありがとうございます>ぶーこ様

本当に、原因が判って安心しました。
最近、犯猫が判らなかったり、原因不明の病気ばかりで、かなり悩まされました。
「やっと一匹逮捕したどーーーーー!!」と叫びたい気分です(笑)

以前、オブラートの代わりに、ゼリー状のもの(煮こごりとか)に包んで飲ませると良いと聞きました。
ナツコはカリカリオンリーなので無理ですが……。
福太さんなら、納豆の中に仕込めるかもしれませんね(^^

ありがとうございます>ねねママ様

本当に、病気の猫が判って安心しました。
血痕はあるのに、出血部位と猫が判らないという状況は、辛かったです。
これで治療できます。すっきりしました!(笑)

薬の飲ませ方について、教えて下さってありがとうございます。
以前、ねねママさんのサイトで、ねねちゃんに薬を飲ませる方法(動画)を拝見し、すごいと思いました。
今回、薬をナツコの喉の奥の奥まで押し込んで飲ませるという単純な方法で対処していますが、それを思いついたのは、ねねママさんの動画のお陰かもしれません。

今までは、喉に詰まると大変なので、吐き出せない程度に薬を押し込んでいました。でも今回は苦いので、暴れて吐き出す可能性もありますし、ストレスも高そう……。
でも、小さなねねちゃんは、かなり大きなカプセルを飲み込んでいます。
それならば、薬をもっと喉の奥に突っ込んでも、詰まらないのではないかと気付きました(気道・食道は注意が必要ですが)。
舌先に接しない分、苦味も軽減されると思いました。

ねねママさんのブログは、いつも大変参考になります。
本当にありがとうございました。

ナツコちゃんでしたかぁ!!
でも、結石等もなく、とりあえず犯猫さんが無事に
分かって、ほっとしましたぁ(>_<)

に、しても…う○ち!!!!( ´∀`)ゲラゲラ
そこまで、やらなくても…ってなくらい、たっぷり!?(笑)
あぁ…可哀相なのに、お腹が痛い( ´∀`)ゲラゲラ
ごめんね、ナツコちゃん…
早く、良くなるといいですね!

ありがとうございます♪>もちつきママ様

私も安心しました(^^
病気の猫がいるのに、誰だか判らないという状態は、結構辛かったです。

フトンの上にウ○チ、たっぷりしてくれました!
しかも、色といい固さといい、良いウ○チなんです(笑)
せめてフローリングの上なら、
「う~ん、ナイス!」( ´▽`)b
と誉めてやったものを……。

簡単に洗えない物を汚されると困りますね(^^;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。