なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナタの名前の由来が判りました

2010'03.21 (Sun)

ナタの本当の名前は、ナターシャです。
名付け親はです(他ネコ紹介その4 ナタ(1/2)

名前の由来は、12年間不明とされてきました。
私は、オリンピックか映画でたまたま見かけた名前をつけたのだろうと思っていました。

ところが、ちゃんと由来があったのです。

先日、両親と3人でリビングに居ると、ナタがお尻を見せにやってきました。
(※ナタはお尻見せ猫です)
巻き舌で鳴きながらお尻をぐいぐい見せるナタを見て、母が笑って言いました。

名前は『ナターシャ』とステキなのに、お尻を見せるなんて変。
まあ、誰もナターシャとは呼ばないけれど。
お父さん、一体何を見て名付けたのかしら。

一瞬きょとんとした父ですが、すぐに真面目な顔で答えました。

「何言ってる。ナターシャと言えば、ロシア皇帝の娘だろうが」

「ロシア皇帝の娘~~~?!」

母と2人で叫んでしまいました。

馬のように歩き、ウサギのように跳ねるナタ。
カバンを食いちぎり、ビニールを食べるナタ。
おしりにウ○チをべったりつけて、それを見せてくれるナタ。

ロシア皇帝の血が、一滴も入っているとは思えません。
いえ、猫なので、実際入っていませんが。

ナタは皇女様でした……。





皇女は巻き舌で鳴かないと思いますが。
つか皇女、お尻見せるの止めて下さい。

にほんブログ村 猫ブログへ
ご覧いただきまして、ありがとうございます。
宜しければ1クリックお願いいたします。


コメント

ナタちゃんって、変わった名前だなあと思っていたのですが、、、、
ナターシャだったとは思いもよらず(爆笑)))
いや、笑っちゃ失礼かな

悲劇の皇女アナスタシアさんですね?
ただ一人生き残ったという伝説の持ち主だったような。
伝説にちなんで、運強くたくましく長生きしてね♡

ナタちゃん!
ナターシャちゃん♪ってすばらしい名前だったんですね~

「うやまえ」にはもう(爆)でした
可愛いお顔で~巻き舌声まで想像してしまって♪(*^_^*)

お父様には、本当に皇女様のように見えたナタちゃんなんですね。きっと…
今度は、ちゃんと病院のカルテに「ナターシャ」と書いてもらって下さいナ

ところで、お尻見せネコちゃんになったのは、名前をつけた後?

笑って下さい……>ねねママ様

まさか私も、ロシアの皇女様とは思いませんでした。
父は寄り道や夜遊びをしない人ですが、そうでなければ、絶対にロシアンパブに行ったと思った事でしょう(^^
私は歴史が「全く」判りませんが、ただ一人生き残った強運の女性なのですね。
ナタもあやかって、元気に長生きして欲しいです(^^

そうえいばナタの姉妹猫の三毛猫がいましたが、ナターシャに合わせ、タチアナという名付けました。命名者は私(笑)
ロシア女性と言うと、なぜか真っ先に出てくる名前です。雄猫ならユーリになったと思います(^^

いえいえ>ちゃびmama様

子猫のナタは可愛かったですが、とてもおバカさんでした。それはもう、かなりはっきりと明らかに(笑)
ナタは知的障害があります。飼う事にしたのも、それが理由でした。
馬のように走り、ずっと震えていて、頭からまっさかさまに落ちる猫。
あれを見て「皇女なり!」と思ったのなら、父、危険です(笑)

お尻を見せるのは、子猫の時の習性が抜けていないのだと思います。
ぐいぐい見せてきます。足元がおぼつかないので、こちらが寝ているとよろけて、顔に座られる事もあるんですよ(^^;

たしかにね、ナターシャとお聞きしたとき、
ロシアの娘さんのお名前だとは思いましたよww

ですが、お姫さまのお名前だったんですねwwww
今まで、ミコやなっちゃんはお姫様とよばれたことがあっても、
ナタはなかったようなww
(うちの娘達も「ナタってあのナタだよね。」と言っていた。)

これで、ナタも晴れてお姫様に仲間入りwwwwwwwww
(笑いすぎ)

そうなんですか~>ぴい様

私は、「伊藤博文」と書くべきところを「聖徳太子」と書いた程のバカちんで、日本の右側は全てアメリカ、左側は全てロシアと思っていた、たわけ者です。
ナターシャがお姫様の名前とは、思いもよりませんでした。
せめて人並みレベルの一歩手前に近づけるよう、歴史と地理を勉強しないとダメですね。

そういえばナタを「姫」と呼ぶ事はあまりないですね。
「ナタちゃん」とか「ナタっち」とか。
春になったら13歳のナタですが、いつまでも赤ちゃんな気がしています(^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。