なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウナギもいました

2010'11.04 (Thu)

101104_1_300.jpg

101104_2_300.jpg

101104_3_300.jpg

ウナギかっ!!

ウチコはウサギ(「実はウサギです」)、ナオミはウナギらしいです。
1字違いで、大違いですね。^^;

ナオミはすばしっこくて、体も柔らかいです。
毎回病院へ行く時は、捕まえるのに一苦労します。

でも、今日の検診は嬉しい結果が。
前回、退縮が認められたナオミの肥満細胞腫ですが、今回も特に変わりなく、しばらく様子見で良いと言われました。
良かった~(>_<。
完治ではありませんが、これからの治療について考える時間が出来て嬉しいです。

ナオミの肥満細胞腫について、たくさんの励ましや情報を頂きました。

皆様、本当にありがとうございます! m(_ _)m

ステロイド薬は、あと1週間続けます。
投薬バトル、頑張ります。

にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
応援クリック、ありがとうございます。


コメント

ナオミちゃん、結果が良くておめでとう。
良い結果を聞くと嬉しくなります。
このまま大きくなれないと良いですね。
東洋医学の先生が昔、ハーブオイルを塗ると良いと
言われた事があります。
何のハーブだったか忘れたので、今度の治療の時に
聞いて来ます。

ウナギならうちにもリトルの言う仔がいます。
同じようにするりと逃げる事。
捕まえるの大変ですよね。

明日は朝から3にゃん一緒に病院。
病院の前日は置き餌がないので、みんにゃ気づいているのです。
朝から捕獲バトルです。

↓の記事ですが、うちも手を合わせると、
ガーチャンが必ず一緒に座っています。
この仔は先住猫たちに守られるから大丈夫かな。

伯父さまのご冥福をお祈り致します。

ウナギですかー!

それは美味しそうですね~♪笑
てかナオミちゃんの表情がツボです!
なんてナオミちゃんは必死だよね~(≧人≦;)ゴメンナサイ

検診の結果、嬉しいですね~♪
悪さをしている細胞も必ず生まれ変わります。
ナオミちゃんも冬子さんも頑張っているんですもん!
もっと良い結果を聞く事ができると信じています☆


↓ウチコちゃんとナツコちゃん、かわいいですね♪
お父様やご先祖様も喜ばれていることでしょう。

伯父様のご冥福をお祈り申し上げます。

良かったー(>_<)

ステロイドは使い方次第のようですよね。
長期で使うのはよくないですが、
多少強い薬でも短期で一気に治す場合に使うのは良いようです。

下娘の足にただれるほどの湿疹ができたとき、
弱い薬では一向に治らず、
結局、日本で一番強いステロイドと飲み薬を処方されて、
おっかなびっくり使用したら、3日ほどで改善し、
(もちろん投薬も短期でした。)その後なんともなかったのです。

安易に使うのはもちろん問題ですが、
こういう使用方法は有効ですよね。。。

ありがとうございます>ガーのママ様

ナオミの事を喜んで下さって、ありがとうございます。
本当に安心しました~。
命には代えられませんが、耳がなくなるのは不便そうで、いろいろ考えてしまいました。
今のうちに、また肥大した時はどういう治療をするか考えたいと思います。

リトル君もうなぎ猫ちゃんなのですね(^m^
つるつると、実に上手に逃げますよね。
本当に猫? と思うほどです。

伯父の事もありがとうございます。
これからは、父と伯父に、毎日手を合わせようと思っています。
ガーチャン君も、一緒に座るのですね。可愛いです♪(^m^
ガーチャン君には、天使ガーフィールド君が見えるのかもしれませんね。

あはは♪>ぴろ様

このウナギは、毛だらけなのでマズそうです(笑)
でも、つるつる具合は負けません。
暴れたり、爪をたてられるのなら判るのですが、見事につるりぬるりとかわされます(笑)
捕まえるのが大変です。

先日は、肥満細胞腫の記事を教えて下さってありがとうございます。
とても助かりました。
どの治療方法にも一長一短があって、とても悩みます。
でも、もっと悩んで、一番良いと思われる方法を探したいと思います。

伯父の事もありがとうございます。
動物が大好きな伯父でした。うちの猫を見て欲しかったです。^_^

ありがとうございます>ぴい様

> 長期で使うのはよくないですが、
> 多少強い薬でも短期で一気に治す場合に使うのは良いようです。

はい。私もネットで調べましたが、少ない量を長期で使うより、量を増やして短期間使う方が良いとありました。
ナオミも短期決戦です。 ^^
でも、ステロイドは少々怖いです。
良く効く半面、副作用が出た時が怖いので。

だから、ぴいさんが不安に思われたお気持ち、判ります。
特に副作用もなく、下娘さんの湿疹が良くなって、本当に良かったです。^^

なっちゃん、結果が良くてよかったですね。
肥満細胞腫は知り合いのパグの女の子がなっていて
やはりステロイドで抑えていました。

闘病は病院に行くのもお薬を飲ませるのも
自分でイヤイヤでもやる人間とは違って
イチイチのバトルになって大変ですよね。
私は不謹慎でも嫌がるねねが可愛くて仕方なかったですが、きっと冬子さんも同じはず^^
きっとよくなるからね、なっちゃん。

遅ればせながら伯父様のご冥福をお祈り申し上げます。

ありがとうございます>ねねママ様

ステロイドが効いて、とても嬉しいです。
完治を目指すなら切除しかないと思いますが、多発する肥満細胞腫の場合、切るのはどうだろう……と悩んでいます。
色々な角度から考えてみたいと思っています。

ステロイドは錠剤なので嬉しいです♪
私は、水薬やカプセルを飲ませるのが下手で >_<
もし錠剤でなかったら、流血バトルだったと思います。

伯父の事もありがとうございます。
伯父は動物がとても好きでした。もし魂があるのなら、うちの猫達を見に、たまに来て貰いたいと願っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。