なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いくらなんでも増えすぎです!

2009'07.29 (Wed)

以前にも書きましたが、今年は猫草にアブラムシがたくさんついて困っています。

でも慣れってすごいですね。
虫嫌いの私ですが、アブラムシを手で払えるようになりました。

でも。






いくらなんでも増えすぎでは?

ソッコー捨てました。

もし今、「君の願いを叶えてあげる」と言われたら、迷わず「テントウムシが欲しい」と答えてしまいそうです。
(でも、改良された羽がないテントウムシは、痛々しいのでイヤです……)


にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただき、ありがとうございます。
お気に召しましたら、1クリックお願いいたします。


■ お知らせ ■
にほんブログ村の参加カテゴリを変えました。
もし「あれ?」と思われた方がいらっしゃいましたら、追記をご覧下さいませ。


冬子です。見て下さってありがとうございます。

にほんブログ村では、「MIXサビ猫」と「猫 闘病生活」のカテゴリに属させて頂いておりました。

ナツコの癌は悪性で、転移・再発の可能性も低くはなく、あと2年は楽観視できません。

でも今回、「猫 闘病生活」のカテゴリから外れることにしました。

「猫 闘病生活」のブログを拝見すると、みなさま一生懸命勉強・努力してらっしゃいます。
私も、ナツコが咳してないか、呼吸数は正常か、毎日の健康チェックはしています。
でも、それ以外は「定期健診に行く」くらいしかなく、その意味では「闘病」ではないのかもしれないと思いました。
ナツコはドライフード以外はほぼ食べない猫で、サプリも興味を示さないので、健診以外は日々見守るしかないと思っています。

また、うちは猫エイズで猫を三匹、原因不明の病気で数匹亡くしています。
ブログがまだない時代でした。
もし今だったら、「猫 闘病生活」の中で似た症状はないか、効く薬はないか、必死で調べたと思います。
私のブログは何の役にも立ちません。せいぜい、
「この世には動物用の高度医療施設もある」
事しかお伝えできないと思います。

ブログは続けますので、宜しければまたご覧になって下さい。

「猫 闘病生活」の皆さま、ありがとうございました。
皆様の大切なご家族の病気が治ること、少しでも改善することをお祈りしています。


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

朝、ナツコちゃんがいないと心配してしまいました。
カテゴリ変更したのですね。
※私も早く、コロナ&アレルギー(?)とお別れして、闘病日記を終了したいです。

猫草にアブラムシがつくのですね。
知らなかった、良く見てから猫達に与える様にします。
ついていたらテントウムシ探します。

ご報告が後手になり申し訳ありません。
カテゴリが変わりましたが、このままリンクを貼らせて頂いても宜しいでしょうか。何かありましたら、お手数ですがお知らせ下さい。

ナツコもあと2年は楽観視できません。毎日の健康チェックは欠かせませんが、追記に書きましたとおり、「闘病」とは違うのではないかと思いました。

もし先生に勧められた通り、手術をせず温存療法を選択していたら、少しでも抵抗力をあげる方法を探して、毎日試行錯誤だったと思います。
「猫 闘病生活」のチェックも欠かさなかったでしょう。
その途中で私の軽いブログを見てしまったら、私ならキレます(笑)

> 私も早く、コロナ&アレルギー(?)とお別れして、闘病日記を終了したいです。

はい、良くなることをお祈りしています。
でも、ぜひブログは続けて下さい。
リトルちゃん&ダヤンちゃんが見られなくなるのは寂しいです。

捨てたのかーww

アブラムシはいやですよねー><

これが食用でないなら、オルトランをたっぷりってとこですが、
そうもいかないし。。。

最初は触るのいやですが、だんだん慣れてきますよね。
私も水道で流しながら直接手で葉っぱ洗い流してました。
指でちょっとアブラちゃんを潰した感じがあっても
気にしなーーいww

羽のない紅娘は私も抵抗あります。
理屈はわかるけど。。。なんかね。。

羽のない紅娘

写真見て倒れるかと思いました(--;
「背中に耳」のマウスとか、本当に落ち込みます・・

今年はアブラムシとの戦いですw
草を順々に育てていますが、どれにも途中からついちゃうんですよ~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。