なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お固い猫の作り方【第10話:進むためなら忘れちゃおう】

2011'01.19 (Wed)












本当は温かい手は覚えていて欲しいのですが、
良い記憶と悪い記憶は、セットになる事が多いので難しいです。


たとえ良い記憶でも、猫が生きる足かせとなるのなら、私の事も忘れて欲しいです。

実に勝手な願いですが。

なぜなら、もし私の目の前に妖精が現れて、
「アンタの嫌記憶を、全部まとめて消したろか?」
と言われても、断る気がするので(笑)

にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
応援クリック、ありがとうございます。


コメント

そうそう、ナツコちゃんはいろいろと忙しいもの(笑)
忘れて正解かも…
もしかして悲しい事もたくさんあったかもしれないし。
今は幸せまっただ中だから、振り向かず前に進んで欲しいデス。

それにしても小太郎は、自分からぶつかって痛くしたくせに、私のせいにして、それもしばらく経つのに私の顔を見ると急いで逃げるんです(>_<)
それも私の顔を見ながら…
早く忘れて欲しいのに~(泣)

幸せなことで忙しくて他のことを忘れてしまうなら、
それはやっぱり幸せだもん、OKだよね、なっちゃん。

私も嫌記憶は消さないだろうな。
とりあえず、今はなんとかなってるし、
その過程がなかったら、
この鉄の鎧の性格が意味不明だものw

ただ妖精さんが「また同じ人生をプレゼント」なんつったら、
釘バット振り回します。

小太郎さんったら♪>ちゃびmama様

小太郎さん、まだ許してくれませんか~。
きっと頭が良いのだと思います♪
でも、早く忘れて欲しいですよね。^^;

ところで今回の記事ですが、悲しい思いをされませんでしたでしょうか……。
この話は、ちゃびーちゃんの捜索を一生懸命行ってらっしゃるちゃびmamaさんのお気持ちを考えると、描くべきではないのではと悩んでいました。
でも何度も考えた末、愛する人や場所から心ならずも離れてしまったちゃびーちゃんと、明らかに置き去りにされたナツコを一緒に考えるのは違うと思いました。
不快に思われましたら、心からお詫び申し上げます。

「過去」はナツコを挫きますが、ちゃびーちゃんには支えになると思います。
ちゃびーちゃんが、一日も早く見つかる事を、これからも願っています。

そうですよね>ぴい様

嫌な過去を忘れられたら楽かと言えば、そうでもない気がします。
それに、忘れたら思い出したくなる気がします。^^
人間って、そんな生き物ですよね。

でもペットなら、幸せばかりでもいいのかなと思います。
野生の動物なら、狩りの腕に磨きをかけ、敵に狙われないよう神経を尖らせる必要がありますが、室内飼いの猫ですし。^^

> ただ妖精さんが「また同じ人生をプレゼント」なんつったら、
> 釘バット振り回します。

あはは。(^▽^)
私も妖精さんにブラスナックルですねぇー♪
連係プレイで10連鎖かましましょう!

う~~。またじーんとしてしまった…うるうる

猫科は単独行動の生き物だから、情が厚いと生き残れないんですって。以前、BBCの動物番組で言っていました。
そうですね…もし何かがあって、夢さんが私と別れたら
(あまり考えたくないけどね 笑)
夢さんの将来に係わるならば、私を忘れていいよと言います。
だって、私は絶対忘れないから。この、暴れん坊でお喋りでおっちょこちょいで甘ったれな猫の事は。

例えナツコちゃんが忘れても、温かい手を差し伸べたその人は、決して忘れていないでしょう。

ええっ>union-jack様

> 猫科は単独行動の生き物だから、情が厚いと生き残れないんですって。

そうなんですか?! ∑(°□ °;
知りませんでした。かなり驚きました~。
でも、猫って結構甘えん坊ですよね(^m^
家猫だからこそ見せる姿かもしれませんね。

ずっと昔に猫を2匹飼っていたのですが、1匹が虹の橋を渡ったら、もう1匹も元気がなくなって、追うように逝ってしまった事があります。
その為、父が亡くなった時、父べったりのウチコが心配で仕方ありませんでした。
今のところウチコは元気で、私達も小まめに構うようにしていますが、やはり勝手が違うのか、たまに遠吠えしています。
勝手ですが、猫には幸せな時間を過ごして欲しいので、辛い事につながる思い出はみんな忘れて欲しいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。