なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お固い猫の作り方【番外編:チキンな悪魔】

2011'01.31 (Mon)

お気に入りの場所を取られても、追い払わないナツコ
(前回の記事はこちらです→お固い猫の作り方【番外編:天使と?】)

天使のようですが、そこまで猫が出来てません(^m^






なんとも愛しや、チキンちゃん♪


他の子とまだ仲良く遊べない、5歳位の子供に似ています。
人のを奪ったりはしないけど、自分のオモチャは貸せない、というカンジです。

ナツコが小声で唸り始めたら、一応叱ってはいますが、かなり甘いです。
他の猫に手も牙も出さず、最後は勝手に逃げて行くから安全という理由もありますが、なによりも哀れで……。

お気に入りの場所を取った猫を追い払わないのは、
最後に来た猫としてのの引け目。
一度取ったら、唸っても他の猫を追い払おうとするのは、
自分の居場所を守ろうとしている。

そんな風に見えるのです。
「全て人間(私)の勝手な想像。単にそういう性格」とかなら良いですが。


そうそう。ナツコの唸り声は、可愛いんですよ♪
唸ると言うより、小声で文句を言っているようです。
翻訳機があれば、
「んもーう! 信じらんなーい。もーーーーぅ!!」
という感じに訳されると思います。^^

にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
応援クリック、ありがとうございます。


コメント

かっ、かわいいーーー><

「勝手に負けて」というところがツボですね♪
他の猫さんにしてみれば
「いや、私何もしてませんけど。。。」ってところでしょうか。

>寺田克也さんの描く天使
びっ、微妙ですっ
いくらなんでも、なっちゃんの天使はもっとはるかに
かわいいと思います。
米ナス型でも!たわし感触でも!

あらあら、別な面があるっていうから、どんな悪魔ちゃんかとおもいきや…

こういう唸りなら、可愛いですよ~♪
かってに負けて逃げていくって(笑)
可愛い~ですよ~
もう私なら、他の子を追い払って、ナツコちゃんをお気に入りの場所に戻しちゃうかも…

そうそう、アニーは、二階の寒さに負けて(絶対暖房を付けてあげなかったんです)やっとリビングで眠るようになりました。
でもアニー用の場所を作ってあげたからなんですねどね。
今は二階とリビングが5対5位の割合になってきました。

そうなんです♪>ぴい様

勝手に負けて、勝手に逃げています。(^m^
他の猫達と一緒に寝るのは平気らしいのですが、お気に入りの場所にいる時に、他の猫が寄ってくるのはダメらしいです。
奪われそうで嫌なのかな? と思っています。

寺田さんの絵、好きなんですよ~♪
この天使はインパクト強くて、ちょっと忘れられません。
画集も即買いしたのですが、誰かに貸したら、それっきり戻ってきませんでしたw

うふふ♪>ちゃびmama様

アニーちゃん、リビングで寝てくれるようになったのですね。
ちゃびmamaさんの作戦勝ち&粘り勝ちですね。^^
人間でも自分の居場所は大切ですから、猫にとっては絶対に譲れなくて当然なのかもしれませんね。

ナツコは、居場所を取られても我慢していますが、自分が取った後に奪われるのは我慢ならないようです。誰も取らないのですけれど。
何となくいじらしく思えて、ホロリとさせられます。

こうして読むと、ナツコちゃんをはじめとする元・野良ちゃんや元・捨てられちゃん達は、色々なトラウマを抱えたまま育っていくのかな…なんて思いました。
ひとつひとつの行動やくせに、深い意味があるんだろうなぁなんて思うと、やっぱりホロっときちゃうなぁ。
それにしても、勝手に負けて勝手に逃げるって、めちゃ可愛い!!
この絵でいくと、ナオミちゃんは「え?何があったの?まいっか」って感じかな(笑)

夢さんも文句言うんです。小さめな声で「ふぅぇぁ~~~~~ん」と。
一息が長いんです。お喋りな猫っていますよね(笑)

はい♪>union-jack様

他の猫が手を出さなくても、ナツコは勝手に負けて逃げて行きます(^m^
一度獲った場所は、どうしても譲りたくないようです。
判るような気持ちがします。

夢さんの文句、聞いてみたいです!^^
その長ーい声、可愛いでしょうね。
ナオミは小さい頃、私達に対するのとは明らかに違う言葉で、父にだけ一生懸命モゴモゴ話していました。
もし猫と人間の声帯や口蓋が近かったなら、人間の言葉を聞けたかもしれません(笑)
大人になったら話さなくなり、寂しかったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。