なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詰まるところは「ありがとう」

2011'03.18 (Fri)

大震災から1週間が経ちました。
早いような、遅いような。
時間と曜日の感覚が、すっかりおかしくなっているようです。

今日の仙台は、好天に恵まれました。
朝から、何台ものヘリコプターが飛んでいます。
大型ヘリや輸送型ヘリが多いので、物資の運搬や救助に当たっているのだと思います。

外出した姉は、「物資輸送中」と横断幕を貼ったトラックを見かけたそうです。
陸と空の両方から、少しずつ、でも確実に、物資は運搬されています。



抜けるような青空を飛ぶヘリコプターを見ていて……。

ふと気付いたら、「間にあって」と繰り返し思っていました。
慌てて「間にあうに決まってる」と打ち消し、呟いたのが「頑張って」。
でも、救助活動に当たっている皆様は、この一週間、きっとこれ以上頑張りようが無いほど頑張ってらっしゃると思います。
あとは適当な言葉も思いつかず、ただ「ありがとう」という気持ちで、ヘリコプターを眺めていました。

それから暫くして、沿岸部に住む友人からメールが入りました。

「救援物資キターーーーーーーーーーー!」

ヤターーーーーーーーーーーーっ! \(o⌒∇⌒o)/

友人の住む地域は、電気は通りましたが、水はなく、食料も不足しています。
周囲のスーパーは開いておらず、ガソリンも手に入りません。
届けに行きたくても、途中の道路がどうなっているか判らず、友人からも固く止められています。
もう、祈るしか出来ません。
救援物資到着のメールは、本当に嬉しかったです。

夜になって、以前近所だった方から、安否確認の電話を頂きました。
その方のお子さんは、沿岸部に嫁がれていたのですが、幸い無事だったそうです。

ああ、これも嬉しい知らせ。
家族全員、胸をなでおろしました。

お子さんの嫁ぎ先は、高齢の方もいれば小さなお子さんもいる4世代家族なので、正直厳しいかと思っていました。
実際、家は津波で流されてしまったそうです……(T_T)
でも、全員無事だそうです。


本当に……。

救援物資を送ってくれてありがとう。
救援物資を運んでくれてありがとう。
助けてくれてありがとう。
生きててくれてありがとう。

「ありがとう」

結局は、この言葉に尽きると思いました。

一方で、たくさんの方が亡くなられました。本当に残念でなりません。
心より、哀悼の意を申し上げます。


ヘリコプターは、今も飛んでいます。

にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
応援クリック、ありがとうございます。


コメント

こちらからは「ごめんね…」の言葉しか出てきません(*ノ_;*)
こうしてる今も、すぐに色々届けたいのに手立てがなくて…
募金をしても、いつこれが形になるのか?
でも、こちらもいつもよりヘリコプターの音が響いている気がします。
私達の想いも一緒に、一分でも早く届けてほしいです!

お友達とお知り合いの方の嬉しいお知らせに、私も胸をなでおろしました。
冬子さんも大変な中、近況をお知らせくださってありがとうございます。
でもあまり無理されませんように☆

1週間ですね。こちらでさえなかなか落ち着かないのに、被災地の方々はこの1週間、どれだけの思いをしているのかと思うと・・・なんか自己嫌悪に陥ります。
でも、ほんのちょっとずつだけど、物事が前進している感じがあります。物資もほんのちょっとずつだけど、被災地に近づいて(運ばれて)いるようです。
国の力のなさを痛感し、民間人の力の強さを感じます…。

夢ちゃんも、相変わらず余震には敏感に反応してますが、バカ面で寝呆ける事が増えて来て(笑)、ちょっと安心しています。

精神的疲労も溜まってしまうと、病気の原因になってしまいます。
くれぐれも、お身体を壊さないようにお祈りしていますよ。
私のブログで愚痴って下さって構いませんからね。

日本国民って強いんです。海外メディアは感心してます。
…でも日本の政府に関しては呆れてるって(苦笑)

判ります…>ぴい様

ネットで調べてみましたが、やはり道路が断絶している個所があるみたいです。
それもあり、沿岸部は地元民以外のボランティアを募集していない地域が多いようです。
もう一つの理由に、被害が大きいので、自衛隊等プロ以外の人は足手まといになるというのもあるようですが……。

食料やお湯を届けたいですね。
祈るしか出来ないのは、とても歯がゆいです。

同じ思いの人がいっぱいいるようで、ボランティアはあっという間に埋まったようです。
名簿作成ボランティアも、気付いた時には終わってました。
せめてサーバに負荷をかけないよう、しおしお撤退するしかなく……。←重くてブラウザ落ちます。
とろいです、私。 orz

今日もヘリコプターは、たくさん飛んでいました。

ありがとうございます>union-jack様

今日もヘリコプターが、たくさん飛んでいました。
自衛隊の輸送機も、何台か見かけます。
新聞を見ても、物資が届きつつあるようです。嬉しいです。
同じ県内の私でも、沿岸部には近寄れないのです……。

罪悪感を感じるお気持ち、判ります。
私の地区は宮城県にしては被害の少なかった方で、水や電気が使える事に、後ろめたさのようなものを感じます。

夢さん、少し緊張が解けたようで、安心しました。^^
動物が怯える姿は、本当に可哀想でなりません。
地震を説明できればいいのですが、できても「人間の力で止めてにゃー!」とか無理難題を言われそうです。
いえ、うちの猫たちなら、間違いなく言います。
このまま夢さんが落ち付いてくれることを願っています。

私の家の近くに自衛隊の基地があるのですが
時々大型のヘリが向かっています。
同じ気持ちで見送っています。

お知り合いがご無事でよかった。。

道が一刻も早く整って
必要なものが届きますように

ありがとうございます>ねねママ様

私も祈る思いで見ています。
願いが強いと、言葉になりませんね。
色々な思いが入り混じって、変な気持ちになります。

普段はウルサイとしか思わないヘリの音ですが、今は希望の音に聞こえます。
勝手です。^^;
↑反響して家がビリビリ鳴って、本当にうるさいんです。

救援物資は着々と届けられていますが、まだ届かない場所もあるようです。
必要なものが早く届くようにと、祈るばかりです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。