なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2進数の猫

2011'05.20 (Fri)




抱っこもそうです。
大人しく抱っこされているか、突然何かの信号を受け、人の膝を蹴り飛ばして逃げていくか。
中間がない猫です。

そろそろ爪を切らないといけません。
前回は「ゼロ」でしたが、今回はどうか……。毎回、ドキドキです。

最初の頃は傷だらけでしたが、「イチ」になる時、信号みたいなのが出ます。
何というか、ナタの体の「気」が、ぶわっと膨らむ感じがします。
ここで上手く「気」を流してやると、ひっかき傷くらいで済みます。
コツを掴んでから、だいぶ回避できるようになりました。

猫にとって、つめ切りは「なんでされるんだかさっぱり判らない、嫌な事」だと思うので、ひっかかれてもあまり頭にはきません。
でも、傷だらけの手は周囲にひかれてしまったりするので、上手に対処していきたいです。^^

にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
応援クリック、ありがとうございます。


コメント

愛情の勲章

傷だらけの手・・ワタシ猫バカには勲章にみえます
愛猫の為、頑張っているんだなっ!と思います
ナタさんの気かぁ・・愛情いっぱいですね

ワタシは,ちょっとだけいたコのつけた傷跡を見ては
さめざめ泣くヘタレです
本猫がいないのに傷だけ残っている時
傷が治らなければいいのに!と本気で思いました(笑




ああ……>tamapi様

> 傷が治らなければいいのに!と本気で思いました(笑

これ、お気持ち判ります。
私も腕にかなり目立つ古傷があるのですが、消したくないです。
大切な猫の思い出でもあるので……。
猫との別れは辛いですね。
それでも、出会えたことは幸せだと思えるのですが。

傷だらけの手、私は気になりませんが、周りはびっくりしますね(^m^
猫のいる生活に慣れ過ぎて、ひっかかれても、きつく噛まれても(穴があかない程度)、全然気にならなくなりました(笑)

私、今も消えない傷が親指側の手首ちょっと下にあるんですが
(動物病院でやられた)、つり革持つと見えるんですよ。
傷負った当初は、地下鉄でつり革持ってると、横目で見られたり(笑)。
猫的には、なんでこんな大事な爪を切られるのか分からないですもんね。
とがっててナンボのもんじゃい、のはずですからね(笑)。
みんな爪切る時にそれぞれ特徴がありそうです。
ナタちゃんの虫の居所にも左右されてるのかな?

ちなみにウチは、勢いがつけば両手両足イッキにOK。
でもだいたい、片手が終わる頃に遠吠えが始まります(笑)。

ありがとうございます>union-jack様

> とがっててナンボのもんじゃい、のはずですからね(笑)。

あははっ(^▽^) そうですよね!
ノラ猫なら、「どれだけ研ぎ澄まされているかコンテスト」とか開催されていそうですよね。
私でも、他人に爪を切られるのは嫌だなと思います。
ましてや猫は、なぜ切られなくてはならないのか判りませんものね。
ひっかかれても文句いえません。

夢さんの遠吠え、聞いてみたいです(^m^

ナタちゃんが寝ているときに切るというのは
ダメなのかな??
うちの爪切りは全て眠りこけている時を見計らってますが
右手が下になってたり左足が隠れていたりで
猫奴隷としては起こしてまでは切れません
結構分割して切ってたりします^^;

2進法のたとえはピッタリですね^^

難しいです…>ねねママ様

ナタは人の気配に敏感な猫なので、寝ている間に爪を切るのは難しいです。
毎回、ナタの機嫌を伺いつつ爪切りしています。
突然全力で暴れるナタは、私からすればかなりの「危険物」ですが、病院の先生に言わせると大したことはなく、もっと上がいるとか。
病院の先生ってスゴイです。その猫さん、犬さんと暮らしているご家族は、もっとスゴイ……。

> 猫奴隷としては起こしてまでは切れません

あははっ。ぽんさんももねさんも、可愛いですものね。
私も、猫が起きるまで待ってから切っています(*^_^*)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。