なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一体何が起こったか?

2011'06.16 (Thu)

ウチコの事をご心配頂いて、ありがとうございます。
おかげさまで、だいぶ元気になりました。^^
でも、一時は血の混ざった胃液も吐いて、かなりハラハラしました。

救急病院へ行った方が良いか。
救急病院は応急処置しかできないので、朝まで待って、知らない病院へ連れて行けば良いか(いつもの病院が休診日なので)。

悩み悩んで、結局休診日の先生にメールを送りつけて指示を仰ぎました。
先生すみません。 m(_ _)m

何かあれば、すぐ救急病院へ猫を連れていくつもりですが、出来れば連れて行きたくありません。
以前、とても不思議な事があったのです……。













あ、あれ?? (゚□゚;

何かに騙された気分でした。
他の猫かとも思いましたが、他に猫はいないし、絶叫であっても、あれはウチコの声でした。

ウチコは大人しい方で、あんな叫び声は初めて聞きました。
絶叫、というより咆哮と言った方が近いかもしれません。

レントゲンでなぜ??

マンガでは少しの間のようですが、実際は10分位叫び続けていました。
血液検査でも追加されたのかと思いましたが、その様子もなく。

妄想はしたものの、実際先生に苛められたとは、まったく思っていません。
でも、そんな考えが頭をよぎるほどの絶叫でした。

扉の内側で何が起こっていたのか、未だに判りません。
きっと永遠に謎です。
でも軽くトラウマになったようで、救急病院は少し怖いです。
今思い出しても、心臓ばくばくします(笑)

この経験から判ったのは、

1)状況が判らないと、とても不安。
2)ドラマで妻の出産を待つ夫が、分娩室の前でウロウロするのは本当。
 (私も扉の前で、ウロウロし続けでした(笑))
3)救急病院は高い。タクシー込みで3万円越え。 orz

にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
応援クリック、ありがとうございます。


コメント

うわ~夜中にウチコちゃんの絶叫が!!
10分も??
レントゲンで?
本当にいったい何が??ですね。
想像力が膨らむの、わかりますよ。
恐ろしい体験ですよね???

いつもと違う先生では、あまり色々聞けないし…

ただでさえ高いのに、
夜間割り増し料金ありますからね(>_<)
救急は確かにすごく高いですよね。

こっちまで、ドキドキ

10分は長い・・追求しなかったの?
撮影で押さえつけられたのか?

以前、まぁ姐さんもレントゲンの時、
カラーを付けて戻ってきました
あくまでも笑顔の姉&ワタシで「どうしたんですか???」
看護士さん「仰向けにしたら、怒られて~」と笑顔
笑顔のままの姉&ワタシ「あら~まぁたんはいつもいいコなのに・・ね」

救急は判断に困りますね
かかりつけにまず、電話しちゃうかな~真夜中でも
一応、救急も調べてありますが・・お世話にならないのが1番ですものね
カード支払いできるのかなぁ・・救急って
無理っぽいですよね、現金握り締めて行くのね!!よし

ウチコさん、お大事に

うーん。。レントゲン室は怖かったかもですよね。
医療を受ける度想像するんですが
何も知らずにこんなことされていたらさぞかし怖いだろう
宇宙人にさらわれて人体自実験されるのと同じ恐怖だろう。

しかし、うっちゃんは終わるとケロリとしている辺りは
さすが猫。現実派^^;
変な想像をして勝手に恐怖している私より賢いと思う。

良くなってきて良かったです。
救急はできれば行きたくないですね
かわいそうに、悲鳴はききたくないです。

ありがとうございます>ちゃびmama様

何があったのか聞けば良かったのですが、
「絶叫? 何のことですか?」
と言われそうなほど普通な光景でした。
それに、レントゲンしかなく、他の検査はしていないと見て判ったので、何と聞けば良いか判りませんでした。
なにより、私の魂が抜けかかっていて、気力もなくて(笑)

救急病院はとても心強く、ありがたい存在ですが、本当に診察費は高いですね~。
それでも、病院が出来た時は嬉しかったです。^^

ありがとうございます>tamapi様

情けないのですが、追求しませんでした(>_<)
扉を開けたら、あまりに普通の光景で、「???」となってしまって。

実はもうひとつ不思議な事があります。
タクシーに乗って自宅を出てから戻るまで、2時間近くかかってます。
タクシーに乗っていたのは、往き帰り合わせて30分位なので、病院にいたのは1時間~1時間半。
そんなに長い間、何をしていたのでしょう。
どれだけ魂が抜けていたのか、私(笑)

まぁ姐さん、存分にご活躍されたようで。さすがです!
tamapiさんとお姉様の返しもすばらしい。さすがです。 d(^^
猫にとって、仰向けはキツイですよね。

ありがとうございます>ねねママ様

> 宇宙人にさらわれて人体自実験されるのと同じ恐怖だろう。

あっ。同じ事思っていました。
理由も理屈も判らないので、猫にとって病院は、さぞかし怖いところだろうなと。
実は私も、人間なのに「医学」が怖くて(笑)
とてもありがたいものであり、色々な意味で、とても怖ろしいものと思っています。

ウチコはだいぶ元気になりましたが、鼻づまりが続いているので、昨日注射を打って貰いました。
でも良くなりません(T△T)
猫の医療は難しいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。