なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れちゃいけない忘れ物

2011'07.16 (Sat)









ウチコ箱、よりによって仏壇のすぐ右。 orz

「頼むから、終わるまで耐えてくれ」という願いもむなしく、
途中で爪音も高く、ウチコは退出していきました。

まあ、よく頑張ってくれたと思います。
途中でぴょこっと出す顔は、目も鼻の穴も大きくなっていて、明らかに緊張しているのが判りました。
ウチコは父の専属猫なので、苦笑いしつつも、父は喜んでくれたと思います。

私はというと、ウチコにすっかり気を取られ、ぴょこっと覗く顔に笑いを堪えているうちに、お経が終わってしまいました。
父は苦い顔をしていると思います。

にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
応援クリック、ありがとうございます。


コメント

お父様、お喜びと思います
ご供養に愛猫参加ですもの

こういう席って、映画のように、結構苦笑してしまう場面多数・・
我家は超フレンドリーの副住職(法要後3次会までお付き合い)でね
だいたい、3次会って・・どうよなんですけど
オプションで色々と話せて・楽しい←不謹慎です

可愛い愛猫がひょこひょこしてたら喜んでますよ~^^
もしかしたら父上もひょこひょこしていたかも天国で^^

ヒャハハ。って笑っちゃ失礼ですよね。
でも、なんだかウチコちゃんぽいな~って思っちゃった。
お父様は絶対喜んでますね。
確かにこれじゃ気が散っちゃうよ(笑)
お坊様は気付かなかったのかなあ?
絶対鐘の音で「ハッッ!」って思ったんだろうなウチコちゃん。

こういう時、ペット達っていいですよね。
ペットだから仕方ない、ってみんな笑って許してくれますよね。

ああ~、これはきっとお父様の願い…
ウチコちゃんにも参加して欲しいという…
なるべくして、なったんでしょうね。
お父様は本当に喜んでいると思います。

わが家では、父のお気に入りのぷーちんが、きっと参加したかったと思いますが、
法事をやった所が盛岡だったので、父もぷーちんも残念がっていたと思います。
父は生前、ぷーちんが膝に乗ってくると「おお、はなこか~」って勝手に名前をはなこにしてしまいました。(笑)
他の猫は父にあまり近寄らなかったんですが、ぷーちんはいつも真っ先に父の膝に乗っていきました。
なんかとても不思議でした。
もしかして、ウチコちゃんもそんな感じだったんでしょうか?
なんて勝手に想像してしまいました。
スミマセンm(_ _)m

ありがとうございます>tamapi様

父はウチコに甘々なので、喜んでくれたと思います。^^
ただし、事前に移動させなかった私の事は、呆れていると思います(笑)

3次会って、すごいですね!
昔からお付き合いがあると、そういう楽しい事もあるのですね。
お寺に関する諸々は、とても気になります。
私も参加して、色々とお話を聞きたいです。^^

ありがとうございます>ごんず様

私も父は喜んでくれていると思います。
猫には甘~い父でした。^^
私達はウチコの事を、「父のまな娘」「父の忘れ形見」と呼んでいますが、本来なら私と姉に対する呼び名ですよね(笑)
どっちが娘だか、判りません。

ありがとうございます>union-jack様

私も父は喜んでいると思います。^^
ただし、私の事は呆れていると思います。
お経、ほとんど聞いていませんでした。 orz

お坊様、気付いてらっしゃいました(笑)
さすがの余裕でそのまま続け、帰り際に、なぜか猫を褒めてくれました。
猫嫌いでなくて良かった……。

> ペットだから仕方ない、ってみんな笑って許してくれますよね。

本当に、ペットと幼子だけに許される事だと思います。
大人なら、こうはいきませんよね。^^

ありがとうございます>ちゃびmama様

私も、父は喜んでくれたと思います。^^
でも、事前に移動させなかった私の事は、呆れていると思います。orz

> 父は生前、ぷーちんが膝に乗ってくると「おお、はなこか~」って勝手に名前をはなこにしてしまいました。(笑)

あははっ! お父様、いいですね~(^▽^)
「はなこ」というお名前、どこから出たのか気になります(^m^
私の父も、子猫はみんな「ちゃめ」。もう付けられていたら「めちゃ」でした。何故でしょう……。

私の父は猫達に大人気で、いつも取り合いになっていました。
ウチコは目が悪く、他の猫達に勝てないので、いつも父に守って貰っていました。
ナオミがウチコを嫌いなのは、嫉妬もあると思います(笑)

ぷーちんちゃんは、お父様を選んだ感じがしますね。
優しいお人柄を見抜いたのかもしれませんね。^^

この際猫全員参加でもよかったかもな。。。
いい供養になりましたね
うっちゃんがここにいたのは偶然じゃない気がするなあ。。
冬子さんは必然ですがね^^
大丈夫、私が親ならそんな冬子さんを見て楽しみます。

ありがとうございます>ねねママ様

大人しく丸まっていてくれるのなら、全猫参加させたかったです。^^
どの猫も父が大好きで、いつも取り合っていました。
ウチコの参加、父は喜んでいたと思います。

お坊さんの声は、さすがに響きますね。
比較的おとなしいウチコも、飛び起きました(笑)
何が起こったか判らず困っていたのだろうと思うと、可哀想で可哀想で、笑えてきます。←コラ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。