なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可愛い子には騙されろ

2011'07.29 (Fri)

昨日の記事で、花を食べる危険性について、コメントを頂きました。
大変勉強になりました。ありがとうございます。

花を供えている間は、側で見張っていたので、食べてはいません。
でも、頭突きのような行動を繰り返していたので、花粉はついたと思います。
怖ろしい……。何事もなくて良かった。
教えて下さって、本当にありがとうございます。

今日の記事は、昨日(「何味? 」)の続きになります。









叱られているのが判ればいいと思い、柔らかい物で軽くぽこってました。
それが、甘く見られていたのですね。
叱られているのは判っていても、止める気がなかっただけとは。
次からは鉄パイプで殴ります!

ウソです。

ナツコを叱った時の、びくっとする背中。
丸まった肩の辺り。
首をすくめてシワが寄った首筋。

――可愛い♪

と思っている私にも、問題がありそうです。
もっと鬼のように叱らなければ……。いや、ムリ

にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
応援クリック、ありがとうございます。


コメント

あっ百合何事もなかったんですね
よかったよかった。。

いや絶対分かってやってますよ^^
もねはダメと言われている台所のシンクに上るのが好きで
すが「もね!」といっているだけでは知らんふり

「もね!」といって立ち上がると
私に捕獲される前に降りて
「もう悪いことしてないもん」てな顔してます。

なっちゃんのぽこられ背中見てみたいわー。。

わかってやってるのかー
猫が「ビク」っとするのは、自分から発せられる殺気だと思ってました


木魚、音量もすごいですが、値段もすごいですぞ

分かってる!分かってる!
悪い事した時は、「しまった!」って顔をしてますもん。
しかも、うーちゃんはダッシュで逃げるけど、
もひさんは「にゃんっ」とお腹を出して見せ、
黄色い声で甘えて来ます(笑)
性格が出ますよね( *´艸`)クスクス

↓うちも、どちらもお花食べます…
なので、観葉植物やらお花やらを飾れません(泣)
猫のいかないトイレや、玄関に飾ってます~
もぅ、カスミ草なんか、すごい勢いで食べました。
もちさんには、ミニバラを丸裸にされたことも…(-"-)

猫はヒトを見ます(笑

いい例が、ほれ、姐さんの態度です
母以外はガードが堅いので、借りてきた猫状態・・・
ナツコさん、実写よりプクっとして可愛いですね
モチロン、解ってやっているし、しかも遊び感覚?(笑

以前母にプレゼントといえば、鉢植えだったのですが
今は切花(空中の花瓶にね)です
七夕飾りは当然ベランダに出しましたが、
姐さんが枯れた笹狙いで・・網戸に張り付いていました
(実家は四季の行事はやるのよねぇ~)
「たま」はフェイクの椰子をかじったので、姉にあげました
(華太は姉がとって来た草しかたべないので・・おぼっちゃんです)
我家はトイレに額入りのブリザードフラワーだけですね
おされなインテリアという言葉は我家にはありません!

そうそう、わかってやっているんですよね。
悪いことをわざとやることってありますよね。
襖のつめとぎなんか、こちらを見ながら、やっているし(笑)
何かを要求する時に、やったりしますから。
でも怒っても「こら~」の声だけなので、完全にばかにされているかも…

わが家でもお花は飾りません。
観葉植物もナシです。
壁はぼろぼろだし、襖もぼろぼろだし、
花なんか飾っても無駄なのは一目瞭然なので^^;

うちの残念な柄の猫を見てると、「叱られたいのか?!」って思う事がしばしば。
猫って絶対、悪いとわかっててやっていると思います!!
そして、叱り甲斐のない動物だわ…(溜息)

「うちのハナちゃん」。私、マンガってあまり読まないのですが、これは最高。
「猫びより」って雑誌に連載されていて、それ読んで好きになったのですが
とにかく笑えます!! 爆笑です。そして、ホロリ…とする4コマもあり。
何度読み返してもいいんですよ~。ホントに好きです、このマンガ。

夢助の瞬膜は、ふちが黒で膜自体は白です。だから、とってもキモイですよ(笑)
エレガントとは程遠い…水木しげるの世界です。

調子に乗ってマンガ情報~

臼倉 若菜「おはぎと大福」1&2巻も面白いよ
猫の下僕&ご長寿猫&ワガママ猫の漫画です

基本的に死んでしまう話はパスなので「ゆず」の長い長い散歩もパスです
野中のばら&いわみちさくらはサラッと書いてあるのでOK
というヘタレです
今よんでいる本は「作家の猫」2です・・猫愛が深いです

うわっ うわああ うわらば(笑)
鉄パイプは止めてくださいね^^
「なつこ!たわし!!」って叱るんですか?名古屋では
「たあけ」ですが(笑)
声が大きくなると驚くみたいですね~うちのは全身を
ブルブルと震わせていました。
とても怒れません(笑)だから顔スリスリしてやります^^
人にスリスリされると嫌みたいです(笑)

どこのお宅も同じですね~。
うちも花はもちろん、葉っぱももう何年も飾ってません…
てか、ほうれん草とか、白菜などの野菜もハグハグいたずらをします。
しかも食べないくせに、食いちぎっては”ぺっ!ぺっ!”です…
猫草を与えなくなったので、その腹いせかもしれません( ̄ー ̄;

ナツコちゃん…何をしても可愛いです♪
冬子さんが本気で?叱れないのも納得です!

やっと、回復傾向

ユリの花粉って良くないんですね。
うちの祖母が庭でユリを作っていたのですが、
花粉が服についたら茶色いしみが絶対取れない!といつも言って、
片っ端からめしべを摘んでいたので、
私もいまだにユリのめしべは取ってしまいます。

なっちゃんの中にも「ちょっとイタズラしてみたい♪」って言う
気持ちがあるんでしょうか。
イタズラの自覚有?
怒られた反応見ると、絶対わかってる気がします(笑)

ありがとうございます>ねねママ様

百合の件、驚かせてしまって申し訳ありません。
花粉がついたのではないかと気になり、しばらく様子を見ていましたが、元気なので大丈夫そうです。
以後気を付けます。

やはり、悪いと判っていてもやっているのでしょうか。
これはやはり、「本気で怒っているオーラ」を出さねばなりませんね!
でも、もねちゃんは小さくて可愛くて、叱れない気がします(笑)

> なっちゃんのぽこられ背中見てみたいわー。。

可愛いですよ♪
びくっとするのも、シワが寄るのも、私のツボです。
私がドSなら、それが見たくてポコるかもしれません(^m^

あっ。今思い出しました。
もっと太っていた時は、ナウシカの王蟲に、後ろ姿が似ていました。

あははっ>ぶーこ様

> 猫が「ビク」っとするのは、自分から発せられる殺気だと思ってました

殺気出しちゃいますかー!(^▽^
すごいです。殺気を感じて、焦っている福太さんが目に浮かびました。見てみたかったです。^^

木魚、見てみました。色々な種類がありますね。
大きめで木製、音がよく響くのが欲しいです。^^

やはり>もちつきママ様

判ってますかー。
うう、私が甘かったです(;_;)
もちさんとうささん、本当に全然違いますね。
もちさんのアピール、可愛いです。そんな事されたら叱れなくなります。
なかなかの知恵者ですね。^^

うちも花は飾れません。
食べられるのが怖いのもありますが、花瓶を倒されるか、割られるかしてしまうので。
家のあちこちに生花が飾られているのは憧れなのですが、花と猫を比べたら、私はやはり猫を取っちゃいます。^^

おおっ>tamapi様

まぁ姐さん、そうなのですか!
私は、お母様を含め全ての方に、強気な姐さんを想像していました(笑)
でも、姐さんの賢さが判りますね。ますます惚れました!!

空中の花瓶、いいですね。^^
棚の上には、絶対に置けません。
確実に、倒されるか、壊されます。そして花も齧られます。
猫がいると、オシャレな暮らしは難しいですよね。
その代わり、楽しくてほんわかした暮らしが待っていますが。^^

あっ。本の情報もありがとうございます!
「ゆず」の最初の2冊は面白いですよね。^^
須藤さんの本は、「アクアリウム」「じーばーそだち」も持っています。
いわみちさくらさんも好きです。よく猫を見ていて、感心します。
臼倉 若菜さんは、読んだことないかもしれません。探してみます。

ああっ>ちゃびmama様

爪とぎ!
言われてみれば、うちもそうです。
叱ると一応止めるのですが、そのままの体勢でこちらの様子を伺っていたり、すぐには止めなかったり……。
あれも判っていてやっているのですね。
これからは、ガンガン叱らないとっ。

花は飾れませんよね~。
うちも壁と廊下がボロボロです(--;
オシャレな生活、ステキな暮らしは、猫がいると出来そうにありません。
その分、幸せなので良いですが。^^

やはり>union-jack様

夢さんも、そうなのですね。
もしかして、どこまでやったら怒るか、怒るとすればどの程度か、試されているのでしょうか。
なにやら、そんな気がしてきました。
次は、烈火のごとく怒ってみます(笑)

夢さんの瞬膜は、ほぼ白いのですね。
ナツコと被毛が似ているので、黒を想像してました。
同じサビ猫でも、個性がありますね。^^

「うちのハナちゃん」、読んでみます。
面白いと推薦して下さって、ありがとうございます。^^

おおっ>ごんず様

アミバっ!!
あの顔でトキはないだろう。誰が騙されるんだ。
って思いながら、読んでいました(笑)

ナツコは亀の子たわしに似ています。
悪口になるので、普段は呼びませんが、いつまでも悪さを止めない時はタワシ呼ばわりします。
「たあけ」は「たわけ」ですよね?
そういえば、以前出張で名古屋へ行きましたが、みゃーみゃー言う方は誰もいませんでした(当然ですよね)。
でも、岐阜へ行くために犬山線に乗ったら、名古屋弁を聞けました!
独特でステキですよね♪ 良い思い出です(^m^

> ブルブルと震わせていました。

うわぁ、それは怒れません!
リオさん、敏感なのかもしれませんね。
でも、その代わりに顔スリスリするごんずさん。さすがです。^^

おおっ>ぴろ様

4姉妹にゃんずさんは、野菜にも興味があるのですね。
では、たまに、歯型がついた野菜があるかも知れませんね(^m^
花のある暮らしは、ちょっと憧れだったりもするのですが、猫のいる暮らしの方が良いので我慢します。

うちも猫草やめました。
草をもりもり食べるナツコだけが軟便なので、不安になり様子を見ています。
変わらないようなら、またあげようかと思っています。
ナツコのウンチには、振り回されっぱなしです。

声だけは本気で叱っているつもりでしたが、すっかりお見通しらしいです。
次からは、もっと本気で叱るか、ナツコが嫌がる事をしてやるつもりです。^^

良かったです!>ぴい様

回復傾向、安心しました。
でも、全快には、もう少しかかりそうですね。
どうか、お大事になさって下さいね。

> 怒られた反応見ると、絶対わかってる気がします(笑)

私も、なんとなく、試されている気がしてきました。
これをやったら怒るか。怒るなら、どの程度か。見ているのかもしれません。
くそぅ。次は見ておれ。

ユリの花粉は取れませんよね~。
私も服につけちゃったことあります。
山猿の生まれ変わりのような子供だったので、服には色々つけました。
新しい服を、1日でコールタールまみれにしてしまったり。
高いワンピースに、赤い染料をぶちまけたり。
あ、後者は大人になってからでした。学習してません。 orz

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。