なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩く姿が嬉しくて

2011'08.25 (Thu)

ナツコへの応援、ありがとうございます。
量は少ないですが、「食べたい」「飲みたい」という意思を、ナツコから感じるようになりました。
このまま順調に、回復してくれることを願っています。

今は、ナツコが何をやっても、嬉しくて仕方がありません。
歩くだけで「おー!」、座るだけで「偉い!」。←バカですね。
病気が大体落ち着いた頃には、どれだけワガママな猫になっているか。
考えると、少し怖いです。


軽くなっても目つぶしは痛い……(--;

固太りが魅力のナツコでしたが、今は3.3kgしかありません。
抱き上げると、あまりの軽さに泣けてきます。
でも、22日と比べると、100g増えました。^^


15日に採取した、腸細胞の検査結果が出たので、ナツコを連れて病院へ行ってきました。
検査の結果は……

「よく判らない」

またです。 orz
うちの猫達は、いつも、良く判らない病気にばかりなってくれます。

検査結果の紙を頂かなかったので、同じ文言ではありませんが、
「状況からして、腸に高分化型のリンパ腫が出来ている可能性はある」
というような内容でした。
文章からすると、「リンパ腫か?」という問い合わせに対する回答なのだと思います。

この後はおそらく、遺伝子検査を行うことになると思います。
でも、この検査でも、腫瘍かどうか特定できるかは判らないそうです。

開腹しての検査は、体力的にも年齢的にも難しいので却下。
あとは、見込みで抗がん剤をいくつか投与し、反応があるか見る方法しかなさそうです。
最終的には、この方法しかない気がしますが、腫瘍があるかどうか判らないのに、抗がん剤を使うのは抵抗があります。
なにより、抗がん剤が効いているか、一定期間ごとに針で腸の細胞を採取して検査する事になると思いますが、全部試した後に腫瘍ではない事が判ったら、可哀想過ぎます(>_<。
体力も不安です……。

難しいですね。
もう少し悩まないと、先に進めないようです。
色々調べて、思いっきり悩もうと思います。

にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
応援クリック、ありがとうございます。


コメント

おーーー冬子さんに目潰しできるほど、
元気になってきたかーーヽ(≧▽≦)ノ
ガンガンやっちゃってください!(こら)

悪い結果が出るのも嫌ですが、
「よく判らない」も微妙ですよね。
治療の方向が定まらないですもん。
どうしたもんでしょう。

なにはともあれ、なっちゃんが早く良くなりますように。。。

良かったなっちゃん!!そうよその調子よ~!

症状が謎のままの抗がん剤は厳しそうですね
体力えらく削がれますから、少なくとも当分は無理なのだと思いますが、、本当に悩ましいと思います。

とにかく今はこのまま体力が回復してくれると良いですね
治療するにしてもなんにしても
食欲ですら、体力あってのことですからね。
あれだけ食べてなくて体力が落ちていたなっちゃんが
食べたのは、だから本当にすごいと思います。

今日も食べて、いろいろ踏んでみてね!!

冬子さんのブログは、いつもいつも楽しみなのですが、更新されている事がこんなにも嬉しいなんて♪
今も思わず「うおー更新されてるよ!」と騒いでしまい、夢さんに嫌な顔をされました(笑)

3.3kg…ですか。きっと、背骨やあばらがハッキリわかり、顔もひとまわり小さくなったような感じがしているでしょう。
大切な100gですね。チリも積もれば何とやらで、固太りナツコちゃんに早く戻るといいですね。(^m^)クスッ

抗がん剤だと、少なからず副作用が出ちゃいますよね。
ナツコちゃんへの負担が最低限で、きちんとした検査結果が出る方法ってないのだろうか…。うーん。
と私が頭ひねったって仕方ないんですけど。
私としては、ナツコちゃんの頑張りで腫瘍自体もいつの間にか消えちゃってる…という結果にならないかな、なんて思ってしまいます。

目は鍛えられないですからね~軽くなっても我慢しないで下さいよ冬子さん^^
体重が増えて何よりです。食べて消化してるってことですからね。
「よく判らない」・・・人のリンパ腫も謎が多いそうなんで
猫ならなお更でしょうね。
とにかくナツコちゃんの頑張りに期待するだけですね。
早い回復を見守っています~。

歩き回る元気が出てきて本当に良かったです。
私も嬉しいです。
ナツコちゃんが少しずつ体力を回復してくれますように。

ナッちゃん♪その調子その調子~ヾ( ⌒∇⌒)ツ
無理せず、少しずつ元気になってね☆

抗がん剤ですか…これは難しい問題ですね。
腫瘍があるかどうか分からない状態で、
しかも今の状態のナッちゃんには、とても酷だと思いますし、
これがまた腫瘍じゃなかった時には…
他の子達への影響も考えなければいけませんしねぇ…

私も色々調べてみます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あははっ>ぴい様

最初は、方足はおでこにあったのですが、滑ったらしいです。^^;
私の絶壁な額で滑れるとは、怖ろしい子、ナツコ。
寝ている状態だと抱き上げる事もできず、なかなかのダメージを受けます。
ナツコが元気なら、投げ飛ばして起きますが(笑)

結果は大変微妙でした。
腫瘍があるかはっきりしない状態で抗がん剤を使うべきなのか。
それとも、体力を温存した方がいいのか。
悩みます……。

難しいです>ねねママ様

軽く調べてみたのですが、抗がん剤推進側と反対側では、ずいぶん書かれている内容が違いますね。
当然かもしれませんが、読んでいて悩みます。
動物病院の先生と、抗がん剤の話をする機会は多かったのですが、先生による考え方の差も大きかったです。
遺伝子検査は少々時間がかかるようなので、その間に考えたいと思います。
今は、食べて、体力を付けて貰うのが先ですよね。^^
今日は少し風邪気味で、食欲も落ちたので、家族全員はらはら見ていました。

> 今日も食べて、いろいろ踏んでみてね!!

背中を踏んでくれると嬉しいですが、なぜか踏んで欲しくないところばかり踏まれてしまいます。
目とか、口の中とか(笑)

ありがとうございます>union-jack様

私もブログを更新出来て、とても嬉しいです。^^
何事も起こらずに猫と過ごせるのは、とても幸せな事だと、改めて思いました。
猫達の元気な姿をブログに残せるのも、幸せですよね。もっと大切にしたいです。

ナツコの容体が落ち着いて、皆さんのブログにご訪問出来たのも、嬉しかったです。
直接会った事がなくても、どの猫さんもとても愛しいです。不思議ですね。
どの猫さんも、ずっと健康でいて欲しいです。

> 私としては、ナツコちゃんの頑張りで腫瘍自体もいつの間にか消えちゃってる…という結果にならないかな、なんて思ってしまいます。

そうなったら最高ですね!
「実は腫瘍じゃなかった」でも嬉しいです。 ^^

やはりっ>ごんず様

目は鍛えられませんか~。
もし鍛えられたら、どんな風になるのでしょう……。
……あ、怖い考えになってしまいました。

人間のリンパ腫も、謎が多いのですか?
なんとなく解明が進んでいるような気がしていたので、少し意外でした。
腫瘍自体、私にはとても不思議な存在ではあるのですが。

今日のナツコは風邪ぎみですが、自分の意思で、少しゴハンを食べました。
食欲があるうちは、希望もあると思っています。^^

ありがとうございます>ちゃりんこ様

今日は風邪をひいたせいか、食欲が今ひとつでした。
でも、少しでも食べよう・飲もうとしたので、大丈夫ではないかと思っています。
食欲があるうちは、まだ希望を捨てません。
今ナツコは、風邪薬を飲んで寝ています。
ナツコからちゃりんこさんに、「完全に復活したよ!」とご報告できる日が、一日も早く来て欲しいです。^^

うう……>ぴろ様

いつもありがとうございます(;_;)
私も少し調べてみました。
抗がん剤が持つ性質上、当然かもしれませんが、抗がん剤に対する評価は、見事に真っ二つですね。
この情報で決めるのは、とても難しいです。
遺伝子検査には少々時間がかかるようなので、その間にたくさん調べ、たくさん悩みます。

今日のナツコは風邪気味で、食欲もあまりないようです。
でも自分からフードを食べ、水も飲んだので、大丈夫ではないかと思います。
今は風邪薬を飲まされて、ぐぅぐぅ寝ています(^m^

ありがとうございます>鍵コメ様

私の記事で、辛いことを思い出されてしまったのではないでしょうか。大変申し訳ありません。

頂いたコメント、大変参考になりました。
多分、今の私と当時の鍵コメ様のお気持ちは、かなり近いと思います。
猫にとって一番良い方法を選んであげたいと思っていますが、選び、決断するのは、本当に難しいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。