なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の気持ちを判ってる

2011'09.04 (Sun)

今回は、

「えっ。知らなかったの?!」
「えっ。使ってないの?!」

と、ビックリされるかもしれません。^_^;





「も、萌えてないで、助けるにゃー!」(by.ナツコ)

足をピーンと伸ばし、きょどりながらマットに埋もれているナツコは、とても可愛かったです。^^

動物病院でエコー機器を初めて見たのは、4年ほど前でした。
ずっとお世話になっていた病院には無かったので、存在すら知りませんでした。
「動物医療も、人間に近付いている!」と感動しました。

気管支腺癌で神奈川の病院へ行った時、猫のCTを見ました。
横もですが、縦の断層写真には、震えるほど感動しました。
「これだけの設備があれば、難病も治る!」と希望を持ちました。

でも、今回のエアマットは、もっともっと感動しました!

最先端の機器は、猫の「体」に添っていますが、エアマットは「心」に添っていると思います(猫の背骨に添っているので、体とも言えますが(笑))。

診察台もレントゲン台も、固く、冷たいです。
その上で猫達が仰向けにさせられるたび、
「背中、痛いだろうなー」
「猫背で仰向けはキツイよなー」
と思っていました。

このマットは、精密機器よりは(おそらく)ずっと安く、作りも単純です。
治療に直接関係もしません。
でも、猫の気持ちに添って作られたこのマットは、最先端の機器に負けないほど、すばらしい物に見えました。


----- ここからは病気の話です -----


ナツコの、遺伝子検査の結果が出ました。

「T細胞性消化管型リンパ腫(Low) 高分化型」

これが、ナツコについた病名です。

今の気持ちは、「辛い・悲しい」が40%、「ほっとした」が60%です。
腫瘍という結果は、半ば覚悟していても堪えましたが、治療の方向性を決められたのは、嬉しく思います。

遺伝子検査をしても、結果がでる確率は2分の1でした。
結果が出なかった場合、「試しに」抗がん剤を投与する事になったと思います。
でも、最近のナツコは、「一進一退」と言うより「一停一退」。
調子が良くて、前日の状態を維持。全体として見れば、確実に下降しています。
「試し」で抗がん剤を投与し、効果があるかを見る為の針生検を繰り返す。
体重3キロを割り込もうとしている今、そんな体力は残っていません。

病名が判ったので、病気に合った抗がん剤が使えます。
幸いLowグレードなので、かなり進行は遅いそうです。
抗がん剤も弱いのが使えるので、そのぶん副作用も軽く済むのではないかと言われました。
高分化型なので、転移の恐れも比較的少ないと思います。
延命治療は望みませんが、抗がん剤が効けば、残りの猫生を穏やかに過ごせるかもしれません。

気管支腺癌の時にも思いましたが、ナツコは、最悪の状況で最善を掴む猫です。
今回も、自ら運を掴み取るかもしれません。
ナツコが自分から食べよう(=生きよう)としている限り、手助けしたいと思います。
抗がん剤が効いて癌の動きが抑えられ、穏やかな寿命を迎えられる事が、今の願いです。

健康に勝る宝はないって、本当ですね。
子供の頃は「それだけじゃつまらない…」と思いましたが、最近、身に沁みるようになりました。
齢ですね。^^;

にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
応援クリック、ありがとうございます。


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちょ、かわよいw

細やかな気遣いですねぇ


もし家に猫がいたら、無意味にそのマット欲しいです
「寝て、ここで寝て」って期待の目で見そう


病名がわかり、良かったのか……なんなのか
言葉が出ません
冬子さんは、覚悟されたのでしょうか
文面から、そんな雰囲気が漂っているのですが……


福太の食欲が落ちた時、カリカリを歯の間から押し込んで
食べさせていたのを思い出しました

まだほんの少し食欲があった時期で、
不細工な顔をしてポリポリ食べていました

応援します

変な言い方かもしれませんが
ナツコさんは幸せ・・もちろん病気なんかないほがいいですが
ワタシ、病気は運命と思っております
自分の力ではどーにもならない事ってありますもの
でもね、そのあとの考え方や接し方が大事だと思うのね
その点に於いては、ナツコさんは花丸の飼い主さんと
めぐり逢っているから、大船に乗っているようなものです
応援します!毛深いご家族&冬子さんをガッツリ!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「も、萌えてないで、助けるにゃー!」見ていたい~(笑)
仰向けで大人しいんですね~可愛すぎます^^
ある意味「マット※※イ」です(〃ω〃)すいません・・・

リンパ腫ですか。抗がん剤が効いて少しでも回復するのを
願うばかりです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そのマットは本当に猫の気持ちになってくれる病院の方が
考えたんでしょうね。涙涙。。

ナツコちゃん、もちろん何もなければよかったですが、病名が
分かって、治療法も方向性が出たことはよかった。。
薬が効いて、穏やかが日々が戻ることを祈っています。
間違いない!フレーフレー!

マットレスの上のなっちゃん、
絵がすごいかわいい。。不謹慎なようですが実物も見たかった。。でも病院でパシャパシャできませんからね^^;

リンパ腫、進行がゆっくりであれば色々調べる時間もあると思います。
冬子さんなっちゃん、ご家族にとってまた試練となると思いますが、応援しております。
なっちゃんがつかむものが最良と信じます。

ありがとうございます>鍵コメ様

エアマット可愛いですよね(^m^
私も初めて見たのですが、萌えっぱなしでした(笑)

いつも心配して下さって、ありがとうございます。
また、食事についても貴重な情報を、ありがとうございます。
食は、本当~に大切ですよね。
病院から流動食やペースト状のフードも頂きましたが、そういうのが必要になるほどの状態だと、すでに飲み込めませんよね。
また同じ事があれば、ミキサーにかけたり、すり潰したり、工夫をしてみようと思います。

ありがとうございます>ぶーこ様

> 細やかな気遣いですねぇ

そう、そうなんです~!
さすがぶーこさん。私が言いたいことを、判りやすく簡潔に書いて下さいました。

縦の縫い目がなければ、安定せずに転がりますし、横の縫い目がなければ、猫背には辛いです。
このエアマット最高です。私も欲しいです。^^

今回、ナツコの病名を見て、ぶーこさんが辛い事をたくさん思い出してしまったのではないかと心配しています。
本当に申し訳ありません。福太さんにも、
「おかぁちゃんを苛めるな!」
と怒られた気がします。

福太さんは、頑張って食べてくれたのですね。
福太さんはいつも偉いです。
ナツコも頑張って、食べて欲しいです。

ありがとうございます>tamapi様

応援して頂いて、とても心強いです。^^
私も病気は仕方ないと思っています。
私に出来る事は、まず病院へ連れて行き、治療してもらう事。もし助からないのなら、痛みや苦しみを出来る限り軽減する事くらいです。

でも、猫の病気は難しいものが多く、どうして良いか迷ってばかりです。
苦しいだけの治療や延命はしないつもりですが、治るなら、また体が楽になるのなら、いくらでもしてやりたいとも思います。
やってみないと判らない事も多く、決断はいつも難しいです。
悩んでばかりですが、毛深い家族達が少しでも幸せでいられるよう、頑張ります。^^

ありがとうございます>鍵コメ様

うわぁ、ご親切にありがとうございます!
そちらに行くことがあれば、萩の月、かまぼこ、牛タン辺りを持ってお伺いします。^^
ぜひ猫さんにお会いしたいです。

ありがとうございます>ごんず様

> ある意味「マット※※イ」です(〃ω〃)すいません・・・

あははっ。判ってしまったかもしれません。^^
ああ、私も大人になりました……。
って、年齢だけ言えば、とっくの昔に大人ですが。^^;
猫のマット※※イは、とても可愛かったです!
意味なく欲しいくらいです♪

今のところ、薬はナツコにあっているようです。
副作用を心配していたので、とても安心しました。^^

ありがとうございます>鍵コメ様

マットはとても可愛かったですよ~♪
私も欲しいです(^m^
もしかして一般的な設備なのかな? と思ったのですが、知らない方が多いので、そうでもないようですね。

奇跡のお話をありがとうございます。本当にすごいですね!
拝見して、私も嬉しくなりました。^^
希望を持って頑張ります。

ありがとうございます>モトゾー様

いつも応援して下さって、ありがとうございます。
猫のマットは、とても可愛かったです。^^
なにより、猫の気持ちを考えてくれている気がして、嬉しかったです。
固い台の上での仰向けは、見ていて辛かったので……。

病名が判って助かりました。
これで、片っ端から薬を試さなくて済みます。
遺伝子検査でも、結果が出るかは半々でした。
やはりナツコは、運の良い猫だと思います。^^

ありがとうございます>ねねママ様

エアマットの上のナツコは、とても可愛かったです。^^
仰向けのまま、目で助けを求める姿にもズキューン(笑)
あのマットが欲しくて、仕方がありません。

> リンパ腫、進行がゆっくりであれば色々調べる時間もあると思います。

はい。少し余裕が出来ました。
正直言えば、遺伝子検査でも結果が出ないのではないかと思っていたので、結果待ちの間は、毎日ネットで検索しまくりでした。
でも、悩みは増えるばかりで……。
病名がはっきりして、それに合った薬が使えることを、喜びたいと思います。^^

久しぶりにブログを見たら更新されていてナツコちゃんの現状がわかりました。

病名がはっきりしたのですね。
私も辛い気持と治療の方向性が決められるという希望と両方の複雑なお気持ちがよくわかります。

抗ガン剤が効いてできるだけ長く穏やかにナツコちゃんが暮らせますよう心から願っています。

飼い主として一生懸命生きているねこちゃんに寄り添っていけたらいいなあと思います。
できるだけのことをしてあげたいと思いますよねえ。

エアマットのナツコちゃん、かわいいです!

ありがとうございます>ちゃりんこ様

いつも励まして下さって、ありがとうございます。
腫瘍は残念ですが、病名がはっきりして助かりました。
今使っている抗がん剤は体に合っているらしく、食欲も出てきました。^^
もうすぐステロイドの減薬が始まりますが、この状態が変わらず続いて欲しいと思っています。

延命はするつもりがないのですが、延命と治療の線引きは難しく、結果的に猫に苦痛を強いてしまった事もあると思います。
でも本猫に生きる気があって、体が楽になるならば、出来る事は何でもしてあげたいです。

猫用エアマット、最高です♪
ナツコも、随分と楽そうでした。
もし私がお金持ちなら、全ての病院に寄付したいです。^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。