なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そっちかよ!

2011'09.17 (Sat)








フリスキーのかけら >>> ロイカナ療法食

恐るべし、フリスキー!
あれだけ嫌がっていたかけらに走るとは思いませんでした。

フリスキーも悪くはないと思うのですが、最近ウ●チが軟いので、療法食を食べて欲しいのです。
今は食欲がなくなる方が怖ろしいので、フリスキーに戻しました。

うちの猫達は、異常にフリスキーが好きです。
うちの猫達の味覚に合わせて、開発されたのではないかと思うほど。
いっそ、パッケージの写真に使って欲しいです。
(そしてモデル代をフリスキー購入資金に……ごもごも)


ナツコに手ひどく振られ、傷心のロイカナですが、気の毒に思った他の猫達が食べ始めたところ、興味をもったナツコが寄って来て、つまみ食いをして行きました。
他猫に取られたら、ちょっと惜しくなったみたいです。

……なんだか恋愛話のような。
ロイカナの立場が身に沁みるのは、どういう事でしょうね。うふふ~。


にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
応援クリック、ありがとうございます。


コメント

おう~(´ε`*人)
ナツコちゃん~食欲があるのねぇ!
食べて欲しいけど、食べて欲しくない(笑)
なかなかうまいこと行きませんよね。
人間だって、結局は食べたい物を食べたい!(爆)
でも、皆の協力(?)のおかげで、
少しずつでもロイカナ食べてくれるといいのですが…
他の人が食べてると、美味しそうに見えるよね( *´艸`)クスクス
わかる!わかる!

減薬うまく行きますように☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ロイカナの立場って(笑

まず、モデルになれば貰えますよ!タダで!
購入と考えるあたりが、まだ、お若いですわ・・ふっ
おばちゃんは、貰います!!!

ロイカナのほうがお高いのに・・
お皿を二つ並べ、ちっとのフリスキー&こんもりロイカナでは?
でもなぁ、ちがうカリカリは消化速度がちがうから
胃とかに負担がかかるかな?
ロイカナを冬子さんがポリポリとナツコさんの前で
食べて見せるのはどうでしょう?
ロイカナ・・結構美味しいよ(笑

ダンナ休みなので、実家に行ってきます♪

一時期、ごはんにあまり興味を持たなかった夢さんの前で
「夢ちゃんごはん食べよーよ、ホォラ美味しいよ~モグモグ」
と、器のカリカリを食べるふりをして、夢さんの食欲を起こさせた事アリ(笑)。
それで騙されて食べるという、純粋な時期もあったのですが…。

ナツコちゃん、他のニャンコが食べてると「あら美味しそう」って思うのかな?
夢さんの食べてるロイカナ(PHコントロール1)は、結構香ばしくて美味しいです。
療法食だから、症状によって味も違うんだろうけど…。
え?tamapiさんと私は、味見派なので、味知ってるんですよ~(笑)
カスより嫌われるロイカナもかわいそうに(T▽T)

フリスキーが お好きでしょ♪も少~し 食べりましょ♪

以前、モン※チを数粒あげたら「おゲリ」しました。
数粒ですよ・・・即廃棄処分です^^
ロイカナにした理由は保護主さんに薦められたからです。
「安いフードは病気になる率が高く、病気になれば治療代もかかる。それならば最初から高いフードをあげた方が
結局は安く済む」と言っていました。
俺も最初は「半信半疑」でしたが今、拝見したらそのとおり
ですね。やはり安いフードは良くないですね。
勿論ロイカナだから大丈夫とはいえませんが、うちの猫は
下痢はしません。羨ましいぐらい普通の便です。
この際、フリスキーは止めにしたらどうですか?
空腹に耐え切れなくなったら必ずロイカナを食べるはずです。
食欲がなくなる方が怖ろしい・・・ですよね。
しかし下痢していては治らないのでは?
長文、失礼しました。

そっちか~(笑)


安いフードはいくないらしいですが、実家にいたなっちゃん似の黒猫千露様は、カルカンブレッキーズと、同社の缶詰めで19歳まで生きました。
もし、福太並に気を遣っていたら……怖いw猫又なんてもんじゃなかったかもしれませんww

良くないと言いますが、特別病気でない限り、多くの猫たちがフリスキーやブレッキーズで暮らしていると思います。


フリスキー大好きななっちゃんに、フリスキーを粉々にしてまぶしてあげるという方法はいかがでしょ。
混ぜるだけならば、前もって混ぜ、香りをうつしておくといいかもしれません。



あ~そうだ。
すっげ高いですが、アズミラのカリカリは、風邪で食欲が落ちた偏食の福太でも食べました。

特別消化サポートではないですが、猫向けの酵素や乳酸菌が入っていて、消化吸収がとてもいいようです。
ロイカナと違うのは、原材料の新鮮さ、合成添加物不使用、香りのよさ、です。


わたしも食べてみたところ、キャットフードの中ではおいしい方でしたえ~。

まったくですー>もちつきママ様

本当に、なかなかうまくいきませんよね(×_×)
猫の事を考えて試したものは、なぜか不評です。
ドライのロイカナは、時々気が向いたら食べてくれるのですが、一番食べて欲しい病中には、いっさい口にしません。
もっと困るのが、ウェットフードが嫌いな事です。
割高でも、定期的に与えて慣らしておけばよかった~と後悔しています。

ありがとうございます>鍵コメ様

とても参考になるコメントを、ありがとうございます。
サイトを途中まで拝見しましたが、かなり勉強になりますね。^^
場合によっては相談させて頂きながら、検討したいと思います。
ありがとうございました。

いえー>tamapi様

私にとっては大変可愛いウチの猫達ですが、モデル猫になれるような可愛さではないので、パッケージになりたいのなら、こちらからお金を払わなくてはいけない気がします。
もしくは現物支給(^▽^)

今、フリスキーをメインで食べつつ、ロイカナをつまみ食いしています。
ロイカナに悪いと思わないのでしょうか。ロイカナの親が知ったら泣きますよ?(←いないって)

> ロイカナ・・結構美味しいよ(笑

tamapiさんも「食べてみる派」でしたよね。
私は何だか勇気が出なくて……。
ウェットも、普通の「かつお」「まぐろ」なら食べられますが、療法食はダメですねー。
匂いはかなり美味しそうですが(笑)

あ、>union-jack様

union-jackさんも、「食べてみる派」でしたね。
ロイカナの消化器サポート(従来型)は、とてもいい匂いがします。
多分食べたら美味しい……と思いつつ、勇気がでません(^^;
でも、食べるふりはやったことあります。かっぱえびせんで(笑)

ウチの猫達は、他の猫のご飯が美味しそうに見えるらしく、たまに交換して食べている事があります。
全部同じなのに。たっぷりあるのに。
いじきたないですが、笑える光景で、可愛いです(^m^

おおっ>ごんず様

どうして、さくっと替え歌が創れるのでしょう。すごいです!

リオさんは、モン◎チが合わないのですね。うちは、ブレッ☆ーズが合わないみたいです。不思議ですね。

フードについては、保護主さんの仰る通りだと思います。
店で売られているフード全てが粗悪品とは思いませんが、もしまた猫を迎える事があれば、最初から体に合って安全なフード(できればウェット)を探したいと思っています。
本当は手作りが一番良いのですが、続けられる気がしません(笑)

ナツコですが、ロイカナで大丈夫かというと、そうとも言い切れない部分があります。
いろいろなフードを試して、ロイカナの消化器サポート(従来型)に変えたら、劇的に便の状態が良くなったのですが、その後ひどい下痢になりました。
一時的なものか、フードが原因か、判りませんでした。
猫のフード選びは難しいですね。頭が痛いです(@_@;

そっちなんです>ぶーこ様

よりわけた欠片は、とても細かいものばかりでした。
口についただけであわあわして嫌がるのに、欠片を集めた容器に、顔を突っ込むとは思いませんでした。
ソッコーで、ツッコミいれちゃいました(笑)

> 良くないと言いますが、特別病気でない限り、多くの猫たちが
> フリスキーやブレッキーズで暮らしていると思います。

そうですよね。
私は、フリスキーは悪い商品ではないと思っています。
うちの猫達を、こんなに大きく元気なシニアに育ててくれました(笑)
うちの猫達が、一般的なフードであるフリスキーだけでは補えない年齢になったのだと思います。
千露様は19歳で大往生ですか。うちの猫達も見習って欲しいです。^^

> わたしも食べてみたところ、キャットフードの中ではおいしい方でしたえ~。

あっ。ぶーこさんも「食べてみる派」ですね。
こうしてお伺いしてみると、「ちょっと勇気が出ない部」の私は少数派かも。
アズミラ、試してみます。ありがとうございます。 ^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。