なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月28日 『避けるな』

2009'08.28 (Fri)

病院へは、次のルートで行きました。

バス(自宅→仙台駅)
新幹線(仙台→大宮)
JR線(大宮→渋谷)
JR線(渋谷→神奈川)
徒歩(神奈川→病院)


タクシーは使いません。人間には厳しいです。














私なら、ぼっこぼこにするかもよ~♪


I先生の笑顔を見て、本当に動物が好きなんだな……と感動しました。
「だから動物病院の先生になった」
と言われそうですが、お忙しい毎日なのに、流れ作業になっていないところが凄いと思いました。
ナツコの事も、「患畜のうちの一匹」ではなく「ナツコ」として見て下さっていたと思います。

I先生、ありがとうございました。

恩知らずな猫ですみません。

にほんブログ村 猫ブログへ

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
お気に召しましたら、1クリックお願いいたします。


コメント

本当に動物が好きなんでしょうね・・・。
素晴らしい先生に出会えて、よかったですね。

先生も、さらわずにはいられなかったのでしょうか・・・。

www

こういうところが、猫の猫たるところですねw

I先生、素敵な先生ですねー
こういう先生に診てもらえたのも
なっちゃんの日ごろの行いがいいからだよね♪

人を罠にかけたり、背中で爪をといだり、
まくらやざぶとんを取ったり。。。

。。。。。。

退院ですね。

ナツコちゃん、退院おめでとう。
※過去形の方が良いかしら。。。

優しい獣医さんだったので、ナツコちゃんも先生を気に入って先生が考えている事分かったのですね。
やっぱり利口だな。

病院ではリトルも態度が違うから、違う猫かと思う事があります。
うちの二匹はアニテクさんが好きらしく、先生より信頼しているようです。動物病院のスタッフさんは動物が本当に好きな人ばかりですね。

ナツコちゃんが無事に仙台に戻った事を信じて、ブログの続きを楽しみに待っています。

ありがとうございます>ぶーこ様

良い先生と病院で、本当に良かったです。

私もナツコが足を下ろすのを忘れていると、必ず触ってしまいます。
しまい忘れた舌は、絶対掴みます。

あ、だから罠とか仕掛けられるのでしょうか。
仕返しかもしれません。今、気が付きました(笑)

素晴らしい>ぴい様

悪行ばっかりですね b(^^

でも猫の世界では、人間を奴隷化する事は「良い行い」なのかもしれません。
いわば、きっちり仕事に励んでいるような(笑)

I先生、私には笑ってくれないんです。
何を張りあっているのかと言われそうですが(^^

ありがとうございます>ガーのママ様

やっと退院の話まで書けました。

> 優しい獣医さんだったので、ナツコちゃんも先生を気に入って先生が考えている事分かったのですね。
> やっぱり利口だな。

ありがとうございます。でも、もっと利口だったら良かったのにと思います。
命の恩人の、先生の手を避けなくたって(>_<)
結構ドキドキしました。

でも、誰にでも自分からすり寄るナツコがそのような行動を取ったのは、手術・入院が辛かったからだと思います。
少しホロリとしました。

> 病院ではリトルも態度が違うから、違う猫かと思う事があります。

大人しくて優しいリトルちゃん、どんな風に変わるのでしょうか。
宜しければ今度教えて下さい♪

名コンビ♪

ナツコちゃんとI先生は名コンビだと思います!
ナツコちゃんは触られまいとさりげなく避けて、
I先生は今なら触れるかな?みたいな…
でもナツコちゃんのリアクションもきっと分かってて、
その通りのリアクションをとってくれての笑顔だと思います。

先生の人間性ってすごい大事ですよね☆
(病院選びは設備と↑ここ重視します!)
短い間でも、我が子の命を預けるわけですから!
とても素敵な先生で良かったですね(*⌒ー⌒*)

…過去に1回だけ、『こいつなんで獣医になったんだろ?』って思った奴がいます。
その病院は繁盛しているらしく、改装して益々大きくなりました。
今でもそこを通る度に放火したくなります。笑

こんにちは

なっちゃん、かわいい。。でも、何気なく避けちゃうんですか。
すっかりくつろいでいたんですね!よかった、よかった。
先生もいい人でよかったですね。一番大事だと思っています。
マックスの白血病を発病させたとき、いつものお医者さんが
行きつけの病院を辞めていたんです。すごく心細かったのを覚えています。

受付のナツコさんも先生もきれいな病院。。心惹かれます。
あっ、すいません。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

判ります!>ぴろ様

> 今でもそこを通る度に放火したくなります。笑

よっく判ります!(^▽^
本当に、先生の人間性は重要だと思います。
私も二度ほど、人格を疑うような先生に会った事があります。
特に片方の先生は、16年経った今でも怒りが消えません。

I先生のお気持ちが、ぴろさんのご推察通りなら嬉しいです。
見てないようで、さっと避けるんです(>_<)
かなり申し訳ない気分になりました。

あはは>モトゾー様

本当におキレイな方が多かったです(^^
仕事もテキパキ、常に笑顔で優しくて。
私が勝てる部分、一個もありません(笑)

いつもの先生が居なくなられ、不安に思われたお気持ち、良く判ります。
猫の容体が急変した時、かかりつけの先生と連絡が取れなくて、パニックになった事があります。
先生は心の支えでもあるのだな、と思いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。