なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナツコの謎(その3)

2009'09.15 (Tue)






もっと他に考えるべき事がある気がします…


私の背中で爪をとぐナツコは、とても楽しそうです。
よほど恨みが深いのでしょうか……。

ナツコが大嫌いな爪切りを小まめにするようになったので、深手は負わなくなりました。
(参ったかナツコ。自業自得だ)

にほんブログ村 猫ブログへ
ご覧いただきまして、ありがとうございます。
お気に召しましたら、1クリックお願いいたします。


コメント

ナツコちゃんの愛情表現がエスカレートしたのですか?
それもと、前は病気だったので力も弱かったが、
今は健康体なので力も強くなったのかしら?

猫にひっかかれると誤解をまきそうな場所ありますよね。
手首とか?
以前、リトルが猫ツリーの紐で尻尾宙ぶらりんになり救出した際に両手引っ掻き傷だれけで職場の人から冗談でストレス溜まったのと言われました。
いまだに傷後が残っています。

しかし冬子さんだけにするのか?
そうそう、前から聞きたかったのですが、ナコツちゃんは
冬子さんが見つけたの?

手首は誤解されますよね>ガーのママ様

私も二の腕に深い猫傷があり、自傷に見られる事があります(笑)

爪とぎは、愛情表現か恨みか判りません。力は関係ないと思います。
癌を発見して以来、つい甘やかしてしまうので、ナツコは少しワガママになっています。
ただ、ナツコに甘いのは、私以外の家族も同じ。
なぜ私にだけ爪とぎするのか……やはり恨みかもしれません(笑)

変な表現ですが、ナツコは家族全員で見つけました。
父の車で家族揃って出かけ、帰ってきたら家の近くにいました。

捨てられていたのです。

もう4匹いたので飼う気はなかったのですが、気付いたらうちの猫になっていました。
たとえ前の飼い主が現れても、絶対に返しません(笑)

そろそろブログに書こうと思っていますので、気が向いたらご覧下さい。

あと、とても嬉しかったので、もう一度言わせて下さい。
リトルちゃん、おめでとうございます♪♪

入院して何があったんでしょう。
いろいろ思うことがあったのかなあ。

「子猫に目移りしてたわねっ。ば~りば~り」

かわいい嫉妬ならいいですね~(いいのかなあ)。

はい、浮気(目移り)しました……>ぶーこ様

本当に可愛かった……。
あの子猫さんのブログがないかと思って探しました(笑)

猫キズは子供の頃から慣れっこなので、あまり気にしていません。
でも、周りの方が驚きますよね。
聞かれたら説明できるのですが、「触れちゃいけない!」みたいに目を逸らされると、優しい方だと思いつつも困ります(^^;

爪研ぎ!

うちも2人いますよ~背中で爪研ぎしてくれる子が~!
たるちゃんが過去のナツコちゃんタイプです。笑
抱っこしてほしい時にTVに夢中だったり、ご飯を食べてると、
わざわざ背中にまわって爪を研いでくれます(*≧m≦*)ププッ
そしてもう1人…
ぱんちゃんに背中を見せると危険です( ̄ー ̄;
トイレ掃除してる時なんて、よじ登って研がれます…
ぱんちゃんはママ=巨大爪研ぎだと思ってるみたいです!爆
でも2人共と~っても楽しそうなので笑って許してます((ヾ(≧∇≦)〃))

最後の
”もっと他に考えるべき事がある気がします…”
超ウケました~((ヾ(∀´* ) ブヒャヒャ!

またまた連投すません。

>浮気(目移り)しました……

「あなたはわたしのっ。ば~りば~り。これで他の人に裸は見せられにゃいわね、ニヤリ」

かも。
や、ちょこっと変な方向に行った気がするけれども。


猫傷をチラチラ見られると、知らない人でも「や、これは猫に!」って言いたくなりますね。

先日会社の人に腕の傷痕について聞かれ「猫に噛み癖があって、ゴリゴリ噛まれて出来た傷です。でも、噛まれても“かわい~ね~”ってやってます」と言ったら「あんたホント、バカよね!」だ、そうです。

そうなんですか!>ぴろ様

うちは、背中で爪を研ぐ猫は初めてなんです。
大抵は何か(草欲しい・エサ欲しい・座布団横取りしたい・構って欲しい)の要求なので、あまり怒る気にはなりませんが、爪を切っても痛いです(^^;

ナツコの行動は、たるちゃんに近いみたいです。
たるちゃんなら私も許します。だって笑顔で可愛いんですもの(≧∇≦)

ぱんちゃんはオンブして欲しいようにも見えますね。オンブ好きな子もいるらしいです。
ぱんちゃんも許します。だってお鼻が黒いから! ←大好きなんです。

連投構いませんよ~>ぶーこ様

本当にお気になさらずに。

「見せられ”にゃ”いわ」って可愛すぎます!
でも、背中に爪あとのある「女」ってどう思います?
「男につけられたの? 何やってる訳? あ、もしかして相手は女?!」

はい、話がかなり変な方向に行きましたね(笑)

> 「あんたホント、バカよね!」だ、そうです。

もー。愛する者から受ける痛みの、その喜びを知らないなんて、その方人生を損しています!

というのは嘘ですが(笑)、猫が楽しそうに遊ぶのを見るのは「至福の時」だと思います。
それが、噛まれたり蹴られたりすることでも。
その「時」を無くすくらいなら、猫傷くらい平気~と思います。

私のお返事、三流官能小説みたいですね(^^;
すみません。

ええ。

>連投構いませんよ~
続きまっせ。
ブログのコメントって、続けていいものか悩んでしまいます。
面倒になったら、スルーしてくださいね。


>でも、背中に爪あとのある「女」ってどう思います?
「どんだけハードなんだ」と思うかもしれません。
世の中にはいろんな趣味嗜好がありますから(いや、だから!)
2~3本ならんでたら、猫好きには猫だと分かるんですがね。

ちょっと話は違いますが、友人と温泉へ行った時、わたしの言葉の何を聞き間違えたのか、友人が「三角木馬!?」と大声で言ったことがあります。
その時の恥ずかしさと比べたら、背中の傷くらい。
大丈夫です。


>愛する者から受ける痛みの、その喜びを知らないなんて
一瞬、本気で「冬子さんはマゾなのか」と思っちゃいました(笑)


三流官能小説と、ちょっとヘヴィな漫画を思い浮かべました。
でも、わかる気がします。
昔飼っていたハスキーに噛まれた(脱走中、無理やり捕まえたので)傷痕が、そいつが死んでから消えそうになってることに気づいて、切なくなったりも。

修羅場Bパターン

「いったい、どこのオス猫だ~」
。。。って会話になるのでしょうかw
やだわ、そんなひっかく男w

実は私、ふだんめだたないけど(冬子さんも気付いてないでしょ)
首にうっすら親指くらいのあざがあります。
それがめったにないけど、ひょんな拍子にぽぉーーっとあかーく
浮かんでくるんですよ。赤あざくらいの赤さで。。。
こりゃまた、お騒がせなあざでしょ~~~

自分で鏡見て、おわっっっとびっくりすることがあります。

伏姫みたいに目立たないところだったらよかったのにぃ。。。

「ひょんな拍子に」

言葉の使い方違いますね。

「ひょんなことで」と「ふとした拍子に」が
混じっちゃいましたw

あはは「三角木馬」!>ぶーこ様

大笑いさせて頂きました。ステキなお友達です!
なぜそのような事をご存知なのか。
それを言えば、私もですね(^^

> 昔飼っていたハスキーに噛まれた(脱走中、無理やり捕まえたので)傷痕が、そいつが死んでから消えそうになってることに気づいて、切なくなったりも。

そのお気持ち、少し判ると思います。

私には兄弟のように育った猫がいたのですが、死んでからだいぶ経つ今も哀しみが癒えません。
最近、その顔がはっきりと思いだせなくて愕然としました。叱られるのを承知で書きますが、
「顔を忘れてしまう位なら、死んでもいい」
と思いました。
私の記憶からも消えたら、本当に死んでしまうようで……。

実際、死んでるのですが(笑)

大変です>ぴい様

「ひょんな拍子に」に違和感を感じませんでした(笑)
私の日本語レベル、かなり低いです。

あざは全然気づきませんでした。すみません。
余程目立たないと気付かないんです。もう少し他人に関心を持てと叱られた事があります。
首のあざや湿疹、虫さされも、確かに誤解を生みますよね(^^;

伏姫って、里見八犬伝ですよね……。
ほとんど知らないので、本を読んでみようかと、今ネットで調べました。
「江戸時代後期に曲亭馬琴(滝沢馬琴)によって著された読本」
江戸ですか! よ、読めるかなー。
私は浮世絵に関する曲亭馬琴氏しか知りません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。