なつぶろ

気管支腺癌になったナツコが寛解を迎えるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知将トラの目覚ましレクチャー……

2009'09.26 (Sat)











うん、また来てね。但し、レクチャー禁止。


知将トラが虹の橋を渡ってから随分経ちますが、彼より頭の良い猫を、私は見たことがありません。
凄まじい起こし方でしたが、私は気にしていません。

被害に合っていたのは、なので♪

というより、トラは姉にしか心を許さなかったので、何かを要求する時も姉にしていました。

野良出身のキジトラ猫。雑種ですが、巻き毛と緑目、美しい声を持っていました。体は小さいのに、心も体も強く、一帯のボスでもありました。
必要もないのに仕掛けられたトラバサミで、足先を失うまでは。

でも何より凄かったのが、その並外れた知能

(1)まず、人間をじーっと観察
(2)どこかをちょっと攻撃して、反応を見る
(3)反応が大きかった場所を忘れない

私は、「こいつは猫じゃない……」と思っていました。
他にも色々ありすぎて書ききれません。

頭の良いトラは、子供だった私が大っ嫌いでした。
並みの嫌われ方ではありませんでした。表すなら、

姉>>>>>>>>>>両親>>…(1万個省略)…>>私

触らせてもくれませんでした。

私はトラが大好きでした。
大人になった今なら、しぶしぶ会ってくれるでしょうか。

にほんブログ村 猫ブログへ
ご覧いただきまして、ありがとうございます。
お気に召しましたら、1クリックお願いいたします。


コメント

敬礼してる~!

ツボです~超(*≧з≦)か(*≧д≦)わ(*≧皿≦)いぃ♪
それにしてもトラくんは素敵な猫さんですね~♪
基本、猫さんは子供が嫌いですよね…
でも深いお付き合いがなかった冬子さんでも、
ここまで心に残っているってことは、本当に素晴らしい子なんでしょう♪
きっとまたレクチャーしに来てくれますよ!笑

読んでいて感動しました。

トラちゃんのしもべでも良いと思えるほどです。
現役トラちゃんに会えなかったのは残念です。

トラちゃん、リトル&ダヤンにも是非レクチャーをお願いしたいです。

はじめまして、ねねママと申します。
ガーのママさんのところから飛んできて、
時々読み逃げさせていただいておりました<(_ _*)>

漫画とっても楽しいですね、この目覚ましシリーズも大笑いしてしまいました。
それにしても、爪の間とは!トラちゃんは優秀な拷問係にもなれたでしょう!ああ、猫でよかった。。。

いえ>ぴろ様

レクチャーは勘弁して下さい(^^;
この技を受け継いだ猫がいなくて、本当に良かったと思っています。

トラはとても勇気のある猫で、何があっても諦めませんでした。
頭も良く、無駄な行動は取りませんでした。
多分、私より遥かに知能が高かったです。

一度トラに、本気で睨まれた事があります。
背筋凍りました(笑)

いえいえ>ガーのママ様

レクチャーされたら大変な事に。毎晩、急所攻撃です(笑)
私もやられた事ありますが、怖いです。

薬も飲んだふりをして、人がいなくなってから陰で出してました。
もう少し頭が良ければ、自分から率先して薬を飲んでくれたかもしれません(^^

初めまして>ねねママ様

読んで下さってありがとうございます。嬉しいです(*^_^*)

> トラちゃんは優秀な拷問係にもなれたでしょう!

はい。本当に猫で良かった……。
「無駄弾は撃たない主義」のようで、常に相手の反応を観察していた気がします。

トラは足を怪我するまで、一帯のボスでした。
小柄な体で、自分の2倍もある猫達から縄張りを死守するには、知恵も必要だったのだと思います。

でも、その知恵を人にまで活かさなくても(>_<)

もはや兵器ではない!

どS!!!
しかも、超技巧派などS!!!

参りましたm(_ _)m

すごいですよ~>ぴい様

沖田級ですw
本人はSっ気は無くて、「早く人を起こすには、どうすれば良いか」と効率を考えていたようですが。

本当に頭が良かったです。
一緒に知能テスト受けたら、大人になった今の私でも負ける気がします(^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

冬子(トウコ)

Author:冬子(トウコ)
完全に猫の奴隷・・

ご紹介

■ ナツコ ■
1994年~1997年生のサビ猫。
拾った当時はノミだらけでガリガリ。今はパンパン。
緑の丸い目と、究極の上目づかいがポイント。
2009年、気管支腺癌が見つかる。



■ ウチコ ■
1996年生の二毛猫。
袋に入る唯一の猫。右目が潰れている。日本美人だが下半身デブ。
父専属で、下僕とは滅多に遊んでくれない。



■ ナオミ ■
1997年生のサビ猫。
うちで唯一の抱っこ猫&モミモミ猫。
子猫の時、胃を寄生虫に荒らされたせいか小食。
狭い所、高い所が大好き。
いつも何か話してる。



■ ナタ ■
1997年生の緑目の三毛猫。
知的障害、心臓異常、異食癖有り。
うちで唯一のお尻見せ猫。
巻き舌で鳴く。ミコが大好き。
2012/5/19死去(15歳1ヶ月)



■ ミコ ■
1993年生の三毛猫。
うちの姫。元ノラ。
怪我した足が化膿して歩けないのを見て病院に。
太い手足と、もっちもちの体を持つ。温和な性格。
2010/1/13死去(16歳8ヶ月)


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

探しています

迷子の猫ちゃん発見に、どうかご協力下さい。

↑クリックすると、ちゃびmamaさんのブログが開きます。

↑クリックすると、harukururinさんのブログが開きます。

↑クリックすると、詳細情報が開きます。

↑クリックすると、するるさんのブログが開きます。

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。